フルーツダイエットは朝と夜どちらが効果的?

こんにちは!食トレブログライターのミルコです!

今回は「フルーツダイエットは朝と夜どちらが効果的?」というテーマでお届けします。

痩せたい!と思っている方だけでなく、きっと多くの人が一度は耳にした事があるの方法の1つではないでしょうか?

ただ、どのような取り組み方をするのか?という所までは意外と知られてない印象を受けます。

そこで今回は朝と夜どちらに行うほうが効果的なのか?そもそもどのような内容なの?を紹介するとともに、気になる口コミや注意点、おすすめフルーツについても見ていきます!



フルーツダイエットとは?

一時期メディアでも取り上げられていましたね。果物というと、嫌いな方のほうが少ないのではないでしょうか?特に女性は多くの方がきっと好きなはず。

好きなものであれば、なんだか続けられそうな気がしますよね!

この方法であれは「私でもできるのでは?」と思わせる理由の1つかなと思います。

そもそもフルーツダイエットとはどのような内容を言うのでしょうか?

「え!?それしか口にしちゃダメなんでしょ?」など、以外と勘違いされたまま認識されている場合が多いです。

結論から言ってしまうと、複数あります。

例えば1食置き換える。丼物やラーメン、ピザ、パスタなどの食事の代わり食べる。それだけでカロリーがぐんと減りますよね。

どうしてもランチの時間帯は皆で一緒に食べる事も多いため、この置き換え方法は朝や夜に取り組む方も多いです。

今まで沢山食べていた方にとっては、これだけでも体がスッキリしそうですよね。

間食を果物に。お菓子大好き!ケーキがやめられない!毎日スナック菓子食べてます!という場合、それを変更するだけでも効果が期待できます。

いつものメニューを減らして、その分フルーツに。内容によってはそれだけでもヘルシーになる場合も多いです。

数日、3食をフルーツに。というやり方も実際あるようです。確か以前テレビであるタレントが取り組む様子が紹介されていたのですが、その時は1週間、朝昼晩食べていましたね(汗)

これは私個人的にはオススメしません。あまり知識を持たずに無理して取り組む事で、体調が悪くなったりと、「結果良くなかった」という事が往々にしてあるのです。

もちろん医師監修という状況でチャレンジしていましたが、どうもその印象が強いのか(どうしてもメディアの影響力ってありますしね)、ひたすら他の食事はガマンし「くだものだけしか口にしちゃいけないんでしょ!?」と思っている人がやはり多い印象を受けます。

いえいえ、そんな事ないんですね。

置き換えをしたり、食事を減らしてその分フルーツにしたりと、自分にあった取り組みができるのです。

また、期待できる効果も嬉しいものがあります。

よく知られているのが美肌などを助けてくれるビタミンが豊富な事。

また体内に溜まっている余分な水分を排出してくれるカリウムも多く含まれている物が多いです。多くの女性がなやんでいる浮腫みにも効果的なんですね。

そしてあまり知られていないのが食物繊維。便秘改善に期待できるのはもちろんの事、よく噛む事で満腹感も得る事ができます。

美味しく食べられる事も嬉しいですが、女性ならではの悩みに答えてくれそうで、期待感高まりますよね。

 

朝と夜ではとちらが効果的?

先程、さまざまな方法があるとお伝えしましたが、人気なのが1食置き換える方法です。

ランチは職場の人と食べたりなど、なかなか果物だけというのは難しい状況が多いので、朝か夜にチャレンジしていみたい!という方が多いのですが、いざ始めよう!といった時に悩むのが

「朝がいいの?夜がいいの?」

という事。

こちらも結論から言ってしまうと、それぞれ長所あり!です。

よくネットなどでオススメされているのが、朝に食べるというやり方。

なぜ推奨されているのかといいますと、カロリーを減らすという目的はもちろんの事ですが、酵素やカリウム、食物繊維などで体内の老廃物を排出が期待されているからなんですね。

ある意味デトックスも期待できるわけですから、ダイエットだけでなくキレイになる為にも効果的とも言えるのではないでしょうか。

私が以前専属トレーナーについていた時は、朝口にする事を勧められていました。結果、本当に浮腫みなども減って体重も落ちましたね。

また、夜に摂取するのもオススメです。

3食にうち1番カロリーが多く脂っこい食べ物が増えるのがディナーという方も多いのではないでしょうか?

朝は忙しくて軽食、昼は軽めにランチ、夜にガッツリ食べます!!という方は、この時間帯に置き換えをするのも良いでしょう。

カロリーが抑えられるのはもちろんの事、遅い時間にしっかり食事をとりますという方はなかなか消化しきれずに胃腸に負担がかかっている可能性もありますので、そんな時にも活躍するでしょう。

また、何も置き換えでなくても良いのです。

果物を食べて、いつもの食事量を減らすというやり方もオーケーなのです。

総カロリーを減らす事ができますし、実は消化吸収を助けてくれる効果も期待できるんです。

食べるのが大好きで、一食をそれだけ!なんて考えられない!という方にも、おすすめなやり方ですね。

一人一人生活スタイルも違いますし、ご自身にあった時間帯を選ぶ事ができるのも、このフルーツダイエットの魅力とも言えるでしょう。

 

フルーツダイエットの注意点やおすすめなフルーツ

どうでしょうか?なんだかだんだん魅力的に思えてきた方も多いのではないでしょうか?

確かに効果がでる事もありますし(現に私がトライした時は比較的すぐに2、3kgは落ちました)、間違ったやり方をすると全く成果が現れないどころか逆に太ってしまうなんていう事にもなりかねません。




そこで、そうならない為の注意点ですが

○食べ過ぎない

これはもうお分かりですよね。そうなんです、いくらでも食べて良いというダイエット方法ではないんですね。1つの目的にカロリーを減らす効果を期待しているわけですから、量はほどほどに。

ではどれ位を目安にすれば良いのか?

だいたい200から300キロカロリーを目安にトライしてみましょう。

○缶詰めなどの加工品はたべない

つまり生の、そのままの物が良いという事です。どうしてもシロップ漬けされていたり、缶詰でなくてもドライフルーツのようになっていても、以外と砂糖が使用されていたりするものが多いのです。

さらに甘さが増しているから大好き!という方もいるかと思いますが、スッキリさせるためには控えたほうが良いです。

ですので、そのまま食べましょう!

○冷やしすぎないように

キンキンに冷やして食べるのが好き!という方もいるかと思いますが、体を冷やす行為はダイエットに不向き。少しでも効果的に行えるよう、常温で摂取する事をオススメします。

○カロリーが高い物に注意

好きな人が多いアボガドは果物の中ではトップ枠に君臨し、100gあたり約190kcal、1個あたりで計算すると約260kcalほどに!

最近はよく出回っていますし、お店のメニューのに入っている事も非常に増えましたよね。好んで摂取されている方も多いと思いますが、食べすぎ注意です。

またバナナは100gあたり90弱あり、1本にすると(大きささまざまですが)だいたい80。

マンゴーは100gあたり65ほど。1個で約130位といったところでしょうか?

このあたりは高カロリーになりますのでせっかく取り組むのであれば、気をつけたい部類になります。

逆にオススメするフルーツはというと、

○グレープフルーツ

これは、私が以前専属のトレーナーについていた時に猛烈にすすめられた(笑)過去もあるのですが、浮腫みを取る為のカリウムや、そのほかビタミンCや食物繊維も含まれています。

また嬉しいのが、食欲を抑えてくれる成分も含まれていると言われている事。

一時期はまっていました(笑)

一個あたり約120kcal程度かと思います。

○キウイフルーツ

ビタミンがたっぷり入っていますし、不溶性だけでなく水溶性食物繊維も兼ね備えており、便秘かいしょうにも期待できます。

他の食材にも良く合う為、よくフレッシュジュースなどにも取り入れられる事が多いですよね。

一個約50kcalほどですし、積極的に摂取するのもおすすめです。

○りんご

以前りんごダイエットが流行りましたね。その印象がまだ色濃く残っているのか、「痩せそう、ヘルシーなイメージよね」と思っている方も多いのではないでしょうか?

カリウムや食物繊維が含まれているのはもちろんの事、りんごのポリフェノールといものが血流を良くしたり、はたまた脂肪を燃やす助けをしてくれるとも言われているんですね。

まるまる1つ食べても150カロリー位ですから、お腹も満たされやすいですし、取り入れやすいと思います。

○バナナ

先程注意したい果物の中に入れましたので、矛盾するかと思いますが、食べ過ぎなければオススメできます。

満腹感も得られますし、食物繊維やカリウムもしっかり含んでいますし、血糖値を上昇するのを抑制してくれるような働きもあるとされています。

くれぐれも多くは食べないように注意しましょう。

 

口コミはどう?

さて、実際の成果や効果はどうだったのか?気になりますよね。調べると、まずチャレンジしている方が多いのに驚きました。

そこで気になった口コミをいくつか挙げてみます!

40歳代の方が朝フルーツに置き換えを約3ヶ月続け、なんとマイナス10kgにもなったと!

お菓子の代わりに食べ、半身浴や自宅で歩く時は太ももをしっかり上げる意識をもった結果4日で2kgほど減少!

浮腫みが減った

朝食に取り入れているが、量の制限をしていないので、美味しく継続はできるものの体重の変化はなし。

夕食をフルーツやヨーグルトに置き換え、エステなどでは効果がでなかったが、ナイスプロポーションになった。

夏から、朝に実行し秋には5kg減った。

お腹かがすいてしまい続けられなかった。

お金がかかる!

といったような口コミがありました。

その他も色々見てみましたが、効果があった方は、今までの摂取カロリーよりも下回るようにしっかりと調整している事。そして、日常でも簡単に取り入れられるような運動をプラスしているといのが印象的でした。

実際私がフルーツダイエットを試した時は、朝食べて、階段を使うなどの日常での運動を取り入れただけでしたが(ジムなどには行かず)、2〜3kgはストンと落ちました。

反してあまり成果が見えなかった方は、量を決めておらず好きなだけ食べている。急に食べる量を減らし、空腹に耐えられず。などが目立ちました。

先程ご紹介したように、だいたい300kcal程度までを目安に摂取しましょう。

また、もともと少食であり、置き換えと以前の食事がほぼ変わらないという方も、当然の事ながら、あまり変化は見られないと思います。

やはり自分にあった方法でチャレンジしていく事が大切、またちょっとした事でも良いので日々の生活の中で運動をプラスしていく事が効果的でしょう。

 

いかがでしたでしょうか?今回はフルーツダイエットについて、朝と夜どちらが良いのかを中心に、実際のチャレンジ方法やオススメな果物、注意点などを見てきました。きっとフルーツは好き!という方は多いと思いますので、取り組みやすいかもしれません。是非自分にあった方法でトライしてみましょう。




というわけで今回は「フルーツダイエットは朝と夜どちらが効果的?」というテーマでお届けしました!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です