食トレブログライター ミルコのプロフィール

ご覧いただきありがとうございます。ここで、私ミルコのプロフィールをご紹介させて下さい。

現在アラフォー世代突入致しました!
幼き頃は、父母・弟の4人暮らしで、回りはお茶畑や畑などなど、比較的自然豊かな環境で育ちました。学校帰りには、お茶の実を拾って帽子に沢山詰め込んだり、琵琶を棒でとったり、シイタケ林を駆け回るなど、、、やんちゃでしたね。

小学校にあがるまでは体が弱く、喘息で入院したりと父母には面倒をかけていました。小学校前までは、駅や大通り近くのマンションに住んでおり、排気ガスが充満しているような環境でしたね(汗)きっと、身体の事も考えて引っ越しをしてくれたのでしょう。両親に感謝です。

住む環境だけでなく、身体が弱かったり、アレルギー体質の私に対して、母は食事についてとにかく気を配ってくれました。スーパーで買い物をする私の中での母親の記憶は、とにかく食品に表示されている成分表を見ている姿です(笑)。子供ながらに美味しそうと思った食品を母に手渡すと、すぐに裏返して成分表を見つめ「これは○○入っているからダメ!」と、棚に戻されました(笑)。

そして、身体が弱かった私はスイミングに通い、また夏休みには祖父母のいるド田舎に行き遊びまわるなど、身体を鍛えるうちに、母の食事の効果もあってか、まあヤンチャに駆け回る事ができる子供になりました。感謝ですね。

さあ、その後何となく体調が優れなくなるのですが、ここ数年でその原因に気付く事ができました。

第一弾:アルバイトなどで自由になるお金が入り、好きな食べ物を食べていた!

皆さんの中でも経験ある方いらっしゃるのではないでしょうか?アルバイトで少しまとまったお金が入り、今まで我慢してきた物や欲しかった物を買えた!という経験です。もともと食べる事が好きだった私は、お菓子を買いました(あ、もちろん他にも買いましたよ(汗))。そして、今まで食べたことないジャンクな美味しさに「なんだこの何とも言えない美味しさは!」と、はまってしまったのです。この「何とも言えない」という所がミソですよね。

当時ジャンクの恐ろしさなぞ知る事もなく、まあ食べていたわけです。→太りました→何だか気持ちも体もパッとしない日々が続きました→またジャンクに手をのばしました→太りました の繰り返し(笑)。こわいですね~。

第二弾:遊ぶ事が楽しく、食事がおざなりに!!

友達と遊ぶ事や、付き合った人などと会う事が楽しく、食事なんて二の次!なんて思っていまして、食事時間もバラバラ、内容もおざなりでしたね。車の中でコンビニ食やドライブスルー みたいな(汗)。元気なんですけれど、何となく本当の元気じゃない感じでした。

第三弾:親元を離れました&仕事が忙しく、総菜や外食がほとんどに!

これは心身ともにコタエマシタ。初めて親元を離れ、自炊(実家暮らしの状況に甘えすぎていましたし、ありがたさを痛感しました)。そして新しい仕事も始り、当初は定時で帰社でき料理も頑張っていたものの、徐々に残業が続いた結果、とにかく寝たい欲求が一番に(汗)。

スーパーへ寄っても、食材を買うのでなく総菜を買う事が続き、外食も増えました。そして、簡単に口にする事ができるジャンクフードもお供に・・・。結果、また太りましたし(笑)→気持ちもパっとしない→やる気でない→食事を作る気が失せる→ジャンクや外食、総菜 の繰り返しでした!まだ若い年代だったのに悪玉コレステロールや高脂血症の数値に引っ掛かりました・・・。

そして、この時ますます怖い体験をしましたが、栄養が不十分でなくジャンクや甘い物などが続くと、依存症のような状態になり、気づいたら甘い物を手にとり、寝る前に食べないと何だか落ち着かない状態に!!なんとも恐ろしい!

で、またまた怖いのが、そのような状況がつづくと、体に悪い物が入って、やる気が起きないので活動量や運動量も減り、うつ状態になりました(汗)。

第三弾までご紹介しましたが、当時は何が原因か良くわからずでした。数年前にやっと、すべてではないにせよ「食事だ!」と気づいたのです。体調が悪い時や疲れが溜まっている時ほど、食事を正しくとる事で、翌日の体調や気持ちが違うのです。皮膚がボロボロになった事もありましたが、薬では治らなかったのに食生活を改善したら、結果治ったり等、食事の効果はテキメンでした。疲れている時ほど、しっかり食事面を見つめ取り入れる事で、結果心身ともに良い方向にいくという事に何回も気づかされました。

 

また、以前はパフォーマンスを行う事もあり、オーディションに間に合わせたりする為、レッスンなどに打ち込みながらも体を絞ったり体重を減らす為に、ダイエットを行う事も多くありました。

ただし、その時は方法がわらかなかったので、1食抜きや○○だけダイエットなどやみくもに取り組んだ結果、結局ヘロヘロで臨み、本領発揮できなかったりと色々経験してきました。

その後、食事専門のトレーナーに運命的に出会い、食事の重要性に気づかされたのです!

トレーナに出会った当時、「体重がマックス&心身疲労もマックス=自分に自信がなくモンモンとした日々」な状況でした。もう、悪いサイクルの巡りから抜け出せないような状態です!

食事トレーナーから教えてもらう事は、目からウロコ!な事ばかりで、○○をする為に△△を摂取するなど、納得しながら取り組む事で、驚くほど体調がよなりました。体だけでなく、気持ちの面も改善したのです!

そして、トレーナーがついた時は体重を減らしたかったのですが、正しく食事を摂取する事で、あれだけ減らすのが難しかった体重が、健康的にストーンと落ちたのです。今までどれだけ間違った方法に取り組んでいたのだろうと思い知らされましたね(笑)。

まさに、食事とはトレーンングだ!と感じました。

自分の日々の生活や心身状態を良好にする為、またベストなパフォーマスを行う為、自分の体を作っている源(私は心までも作る大事な要素だと思っています)、食事の重要性を、今まで過ごしてきた中で何回も気づかされました。

食事を正しく摂取する事、食トレを行う事で、自分が目指す身体や心身状況、パフォーマンスの向上につながります。

今まで何回も失敗してきました私だからこそお伝えできる内容があるかと思いますし、是非皆さんには間違った方法でなく、目指す方向へ前進していただきたいので、有効な食トレ内容をお伝えできればと思います。

何かご自身にあった食トレ方法が見つかりましたら、是非参考にしていただけますと嬉しいです!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です