食べ過ぎた次の日に体重をリセットするには?朝ごはんは?

食トレブログライターのミルコです。

今回は「食べ過ぎた次の日に体重をリセットするには?朝ごはんは?」をテーマに書きたいと思います!

「あぁ!食べ過ぎてしまった!」「我慢してたのに・・・ドカ食いしちゃった!」など、ついつい食べ過ぎて、次の日の朝起きて後悔・・・なんて事ありませんか?かくいう私は手の指に収まらないほどありました(笑)。

そんな時は、食べ過ぎた分の体重はチャラにしたい!リセットしたい!断食しないといけない!?しばらく朝ごはん我慢!?など色々な思いが駆け巡ると思います。今回は、そんな食べ過ぎた次の日に取り組める、体重をリセットするポイントをお伝えしたいと思います。もう余分な溜めこみは卒業しましょう!



食べ過ぎた次の日に増えた体重をリセットできる?

友達と会って話も食事も進んだり、会社の飲み会でついつい飲みすぎちゃった・・・なんて事、ありますよね。そして、次の日に体重を計って「ぎゃーっ!!」みたな(笑)。

落ち着いて下さい、大丈夫。まだ、そのまま脂肪に変わったわけではありません!脂質や糖質など、何を摂取したかによって脂肪に変わる時間は異なりますが、大まかに48時間が勝負だと思ってください。この間に、また食べ過ぎが続いたり、何も手を打たないと、その体重が現実になってきますので注意です。

特にダイエットしている方は、体重増加の現実を目の当たりにすると「ああ、もうダメだ・・・」などマイナスなイメージを持ってしまう傾向があります。そうなると、「今まで頑張ってきたのに」「これじゃあ、水の泡だ」などなど、ネガティブ&ストレスが溜まる事に。ひどいと「もういいや!」なんて、ドカ食いをしてしまう事も。ストレスは皆さんご存知の通り、体にとって良くありません。そして、そのストレスが痩せにくい効果を出してしまします(汗)。

ですので、過ぎたことはしょうがないと思って、逆に「昨日は友人と久々に会えて楽しかったな♪」「美味しい食事で幸せだった♪」など、良い思い出や息抜きできた、幸せな時間を過ごせたと感謝して、前向きに取り組みましょう♪

ポイントは48時間とお伝えしましたよね。そうです、翌日や翌々日の過ごし方で、前日食べ過ぎた分を取り戻す事ができますよ。

ただし効果が半減するような取り組み方では、脂肪を蓄積しやすくしてしまったり、リセットできない可能性もでてきますので、効果的な方法をご紹介していきますね。

食べ過ぎた翌日の断食は逆効果!?

ついつい食べ過ぎてしまった次の日は「食べ物を我慢しないと、体重をリセットできない!」「断食だ!」「しばらく朝ごはん抜き!」なんて思いがち。実際、断食をしたほうが良いと、世間では言われている事もあります。

ただ、取り過ぎた物は、消費したり排出する必要があるのです。その時に断食をすると、体温が下がり、また血糖値が下がり燃焼されにくい体の状態になってしまいます。そして、次に食事を摂取した時に血糖値が急上昇し、吸収しやすくなったり、食べるのが止まらなくなったり、結果ドカ食い!なんていう危険もあります。また、無理に断食したり「食べ過ぎたから、今日は1食抜けばいいや」「今日はこんにゃくだけにしよう」など、偏りが癖づくと栄養バランスや免疫力なども崩れていきますので安易な考えは注意が必要です。

リセットに必要な食材をとることによって、断食よりも効果が望めますし、我慢のストレスも軽減できます。また、少量でも3食バランスよく摂取する事で、ストレスによるリバウンドも防ぐ事ができます。こういった事も踏まえて、特に食事が好きな人は余計にイライラが溜まりますので(笑)、無理に断食はしない事をオススメします。

ただし、摂取カロリーや量を抑えるというのは効果的です。前日カロリーを取り過ぎた!という場合は、その分翌日は減らしてみましょう。どこか一食抜かすのではなく、例えば朝半分、昼いつも通り、夜半分 など分けて摂取しましょう。

また、代謝を促す為に有酸素運動を取り入れる事も良いでしょう。ただし、普段やっていない事を無理して取り入れる事は、余計にストレスになる可能性もあります。例えば階段を使うとか、一駅分歩くとか、簡単に取り組める事を探してみましょう。オススメの時間帯は朝や午前中です。早い時間に行う事で、一日の代謝が良くなる傾向大です。効率よく余分なものを消費しましょう!

私は食事のトレーナーから、食事内容による排出を厳しく指摘されてきました(汗)。結果、余分に食べ過ぎた分を排出でき、体重をリセットする事ができる事を実践してきました。その方法や、オススメポイントをお伝えしますね。

朝ごはんのメニューは?水分の排出が鍵?

余分な水分や塩分を体外にどれだけ排出できるかが、重要なポイントになってきます!!

実際私は、トレナーに口酸っぱくこの事を言われ続けました(汗)。耳にタコができる位(笑)しかし、しっかり取り組む事で効果の期待大ですよ!私は、これをどれだけ取り組めるかが、体重リセットを制すると思っています。それだけ重要なカギとなっています。

飲み会で良く出るつまみや、友人とのイタリアン、味がしっかりした食べ物って、美味しい物が多いですよね。実はその美味しい食事に、塩分が多く含まれている事が多いのです。塩分が体内に多くある状態だと、どのような影響がでてくるかご存知ですか?実は余計な塩分は水分を溜め込み、むくみを出現させます。そしてむくんだ状態でいると、老廃物も溜まってくるという悪循環が生まれてきます。ですので、この余分な塩分や水分を早く体外に出してあげる事がリセットの鍵になるのです!!

この体内に溜まっている余分な塩分・水分の排出を助けれくれるのが、カリウムです!

食べ過ぎた翌日の食事、特に朝ごはんには、このカリウムが多く含まれる食材を摂取し、早めに余計な物を出しちゃいましょう。果物にも多く含んでおり、

・オレンジ、なつみかん、はっさく、いよかん など柑橘系

・プルーン

・パイナップル

などが挙げられます。消化を助けてくれる酵素も含まれていますので、食べ過ぎた翌日は積極的に摂取したいですね。ドライフルーツもおすすめですよ。

また、

・アボガド

・納豆

・ほうれん草

・豆乳

も多く含んでいますので、果物と野菜を合わせたスムージーなど朝ごはんにオススメです。まして、食べ過ぎた翌日の朝は胃が弱っている事もあるので、ますますオススメできます。




また、食物繊維を積極的にとり、余分な老廃物をしっかり外にだしてあげる事も重要です。

・豆類(いんげん、あずき、ひよこ豆など)

・きのこ類

・海藻類

・リンゴ

・納豆

などが食物繊維を多く含むものとして挙げられます。海藻サラダや、きのこたっぷりスープ(塩分に注意!)など、朝ごはんでも簡単に取り入れる事ができますね。

朝は「排泄の時間」とも言われています。体に余分な物が多く入っている時には、この午前中の時間を有効活用していくと効果が出やすくなります。その為、食べ過ぎた朝ごはんは重要で、しっかり排泄を促せるよう特にカリウムを多く含む食材を意識して摂取できるよう、心がけてみましょう。正しく摂取できていれば、きっと余計なむくみとなる原因が排出できるはずです!

 

いかがでしたか?体重計に乗って「わぁ!大変」と思っていた方、どうぞ慌てないで(笑)。大丈夫、すぐに体に脂肪がついているわけではないのです。48時間が勝負ですし、午前中の朝ごはんの重要性もお伝えしてきました。体を温めたり、ストレスがかからない有酸素運動を取り入れ代謝をあげながら、余分な塩分・水分や老廃物を排出できる食品を積極的に取り入れて、しっかりリセットさせましょうね!




というわけで、今回は「食べ過ぎた次の日に体重をリセットするには?朝ごはんは?」をテーマにお届けいたしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です