過食嘔吐になりやすい人の3つの特徴とむくみの取り方は?

こんにちは。食トレブログライターのミルコです。

今回は「過食嘔吐になりやすい人の3つの特徴とむくみの取り方は?」についてお伝えします。

食べ過ぎてしまった、、、お腹いっぱいなのに、また口に入れたくなってしまう、、、そして吐く・・・。

頭では「もうやめなくては」「これは体に悪い」と思いながらも同じ事を繰り返してしまう。

そう悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

また最近以前と比べて耳にする事も多くなりましたよね。

そこで今回は過食嘔吐について、そもそもどのような状態の事をいうのか、また、なりやすい人の特徴について見ていきながら、顔のむくみの取り方についてお伝えしていきます。



過食嘔吐とは?

最近耳にする事も多くなった言葉ではありますが、そもそもどのような状態を指すのでしょうか?

何となく想像できるかとも思いますが、だいたい普通量という言われている食事量よりも明らかに多く口にし、その後ほとんんどは自ら口に手を入れるなどして嘔吐させる状態を言います。中には、下剤を使用し排出するという場合も、、、。

しっかりと朝・昼・夕ごはんとして摂取しているのにも関わらず、次から次へと食べ物に手がのび、とめどなく食べてしまう状況です。むちゃな食べ方をしているのに、、、ダメだとわかっているのに止まらなくなってしまうんですね。そしてまた自己嫌悪の繰り返しのループになってしまう事も多いです。

そして、食べ過ぎたと自覚はありますので、チャラにしよう、今の分は無かった事にしようという思いもあり吐くという行為につながっていきます。

そもそも過食嘔吐は病名として使われる事はなく、ひどくなると診断としては過食症とされることがほとんどかと思います。一種の摂食障害で、この障害には拒食症も含まれます。

一見食べるという行為、つまり食欲に関しての病気かとも思われがちですが、そうでなく自尊心に関係するとされてます。

後ほど、なりやすい人の3つの特徴でも詳しくお伝えしていきたいのですが、一点先に述べておくと、自分自身を否定するような考え・心を持っており、それを埋める為に半ば強制的なように食べてしまう場合があります。そうして満たす事で、安心感に代替えしていくのです。

しかしこの状態を放っておくと、おわかりのように心身にとっても良い事はありません。そこで、次にどのような危険性があるのかを見ていきたいと思います。

 

どんなリスクがある?

さて、身体に悪いとはわかっていながらも止まらない状況になってくると、どのようなリスクが潜んでいるのでしょうか?

・自殺

初めに怖いな、、、と感じる危険性を紹介しました。重度になりそのまま放置状態を続けていくと、自殺に追い込まれるケースがあります。先ほど自尊心に関係があるとあると伝えましたが、自己嫌悪感が積もりに積もってきてしまうとこのような最悪の状況にもなりえます。

そして、過食嘔吐を繰り返す過食症は一見心身的にもっとキツそうなイメージのある拒食症よりも確率が高いと言われています。一言で過食嘔吐と言っても背景に抱えている物を考えると、このようなリスクもありえます。

・食道炎、逆流性食道炎

吐く行為を続けると、おわかりのように胃酸が上がってくる可能性が高まり食道に炎症をきたしてしまう場合があります。また、食道と胃に間には逆流しないように弁があるのですが、そこが弱まって容易に逆流してしまう状況にもなりかねません。

・歯が悪くなる

こちらも想像できるかと思いますが、常に食べ物が口にある状態という場合もありますが、特に嘔吐する事で歯が解けるという状態になります。

皆さん経験あると思いますが、うっぷ・・・と胃酸があがっていくると酸っぱい感じがしますよね。その酸っぱさは酸性なのですが、それが溶かしたり虫歯を悪化させたりする原因になるのです。

ボロボロになってしまった・・・という状況にもなりかねます。

・生理がこない、不順など

過食嘔吐が続く事で、ホルモンのバランスが崩れやすくなり、生理がこない・・・とった無月経になるという場合もあります。その状態が続くと妊娠したくでもできないといった不妊になったりする可能性があります。早めの受診をおすすめします。

・下剤がきかない

先程お伝えしましたが、吐くだけなく下剤を使用して排出する行為が常習化した場合、だんだんと効きにくく感じ、多量摂取する事で自力で便を排出できるなくなる場合があります。

それだけではありません。常習化し、また量を増やしたりして下痢状態を続かせると、ナトリウムなど必要な物も排出させ倦怠感が強くなったり、ドキドキといった動機などの原因にもなります。

・むくみ

吐いているから逆に痩せないの?と思われがちですが、吐く事で必要な栄養素も排出され、体内のバランスが崩れ、例えばカリウム不足により上手く余分な水分が排出できず、滞ってしまう事でむくみを引き起こしてしまいます。

また腎臓や肝臓などの必要な器官が負担となり、上手に働かなくなってくる場合もあるというのも1つの要因となります。



過食嘔吐になりやすい人の3つの特徴は?

決してなりたくて、このような状態になるわけではありませんよね。止めたいけれどやめられない・・・その原因はどこにあるのでしょう?

それではどのような人がなりやすいのか?3つほどあげてみたいと思います。

1.自分が嫌い

先程もお伝えしましたが、自分が好きになれないといった自尊心の低さが一つの原因とも言われています。一見はたから見たらなかなか分からないかもしれませんが、内に秘めた心の中では、自分自身が嫌い・・・といった肯定感がなかなか持てないという特徴が見られます。

そして、このような気持ちをお持ちなので、なかなか自信を持つ事が難しく不安を多く抱えている場合も多いのです。

そうなると、例えばなかなか自分の意見が言えない、常に心配だといった状況になり、その埋め合わせをするかのように食べ物に手が伸びてしまうといった引き金になります。

幼い頃に虐待にあった人や、親が離婚した原因が自分だと思っていたり、常に親の言う事をよく聞いていたという方もなりやすい、一つの特徴と言えます。

優等生タイプ、いわゆる世間で言われる良い子とされる人が、実は自分に自信が持てていなかったりする場合も多いのです。

2.無理なダイエット

特に若い女性に多いのではないかなと思いますが、モデルや芸能人のスレンダーで美しい容姿に憧れて、そこに基準を合わせ「あれが普通なんだ。食事を我慢すればきっとできるんだ」とまちがった発想を持って、無理なダイエットに取り組む・・・実はこれも過食嘔吐の引き金になりかねません。

もちろん、全員なるというわけではありませんし、少数かと思いますが、可能性としては十分あるのです。

食べる物をとにかく我慢するという事で、拒食症傾向になり、それが引き金となって過食嘔吐へ移行するケースが少なからずあるのです。

食べないと逆に食べ物に対して、強く欲するようになりますよね。その欲望と、「なんで痩せないの」「なんで我慢できないの・・・」といった自己嫌悪感、自己否定感から過食へそして嘔吐を伴う・・・といった状態になる可能性があるのです。

3.ストレス過多

現代人はストレスが非常に多いのではないでしょうか?仕事も、人間関係も複雑化してきていますし、生活のリズムも乱れがちです。

ある程度のストレスや刺激はは良いものとされていますし、また多少自分の精神的負担があったとしても、上手に発散できていれば良いのです。例えば、「嫌な事があったらカラオケいって歌えばスッキリする!」「月1回の旅行で発散しているから大丈夫!」など、自分にあった解消方法を実践できていれば問題ないかなと思います。

しかし、ストレスが溜まってしまいそのまま放置し、またさらに蓄積してくると、場合によっては食べ物で心を埋めるような行為が出てきます。

そして、「あぁ、食べ過ぎてしまった。何で自分はやめられないんだ。だめなやつだ・・・」といった自己嫌悪間が高まり、さらに過食へ走ってしまう場合があるのです。

そこでさらに先ほどお伝えした、自尊心がもともと低い方とかであると、ますます拍車がかかりやめられないといったループに陥る可能性も特徴です。

どうしても私たちはストレスが多い世の中で生活していますが、上手に発散できる方法を見つけたいものです。

顔のむくみのとり方は?

過食嘔吐を繰り返すと、必要な栄養素も出してしまい、体内バランスが悪くなるというのは想像ができますよね。

私たちの体は例えば、ナトリウム(塩分)とカリウム(余分な塩分を排出してくれる→むくみを和らげる)の絶妙なバランスによって、健康的な体を維持してくれていたりします。

しかし体内のバランスが崩れることで、こちらも崩れてきてむくんでしまう原因となります。

また腎機能の低下も、合併症として考えられており、これも1つの要因になります。

そして常に食べているという事で、唾液も多く出るわけですが、それが原因で顎や耳の後ろあたりが腫れたようになり、むくんでいるようにも見られます。

過食嘔吐、つまり食べ物を排出するわけですから、一見痩せそうなイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、そうではないんですね。

それでは、どのようにしてすっきりさせるのか?取り方についてお伝えします。

可能であれば、水分、たんぱく質、野菜類をとってバランスを整えること。

実は過食嘔吐をやめると、逆にすっきりしたという人もいるんですね。

しっかり体に必要な栄養素を取るという事も大事です。

そして、いくらか即効性がある取り方ですが、ホットタオルと冷たいタオルを交互にあてること。

これで血行改善が望めますし、今すぐどうにかしたい!といった場合は是非やってみて下さい。

 

いかがでしょうか?今回は過食嘔吐について、そもそもどのような状態を言うのか?またなりやすい人の特徴やむくみの取り方についてお伝えしました。

なりやすい人という所をみると、自分も当てはまりそうだな、、、と思われる方も多いかもしれません。日頃から規則正しい生活や何事も無理はしすぎないよう、またストレスの取り方を自分なりに見つけられるよう心がけましょう。

そして、過食嘔吐がすすむようであれば、ぜひ受診をおすすめします。どうか一人で抱えこまないで下さいね。




というわけで今回は「過食嘔吐になりやすい人の3つの特徴とむくみの取り方は?」についてご紹介致しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です