女性必見!太もも痩せに即効性にある食事メニューとストレッチ方法は?

こんにちは!食トレブロガーのミルコです!

今回は「女性必見!太もも痩せに即効性にある食事メニューとストレッチ方法は?」というテーマについてお届けしたいと思います。

「太ももがパツパツで、ズボンがぴちぴち・・・」「太くて膝上スカートが履けない!」なんて思った事ありませんか?すらっとした、すき間がある太ももに憧れる人、痩せたい!と思う方も多いのではないでしょうか?

かくいう私もその一人で、パンツのサイズでも「ウエストは合うのに、なんで太ももがこんなにパッツンなのー!?」と、良く思っていました。そしてダイエットに取り組んでも、なかなか痩せなかったり・・・。けれど、そこにはしっかりと良くない習慣が、その原因を作っている事が判明(汗)。逆にその習慣を改めるようになると、しっかり効果が出ました。どれだけ悪影響な生活を送っていたのだろうと反省です(笑)

今回は、美しい太ももになるべく、効果的な食事メニューやストレッチ方法。そして即効性が期待できる食材。また、日常生活の中でも手軽に取り入れる事ができる太もも痩せ習慣!をお伝えしていきたいと思います。



即効性のある食事メニューとは?

そもそも下半身は上半身よりも、脂肪をため込みやすいと言われていまして、太りやすいです。そして冷え性などの血行不良や、余分な水分や老廃物が体内に溜まっていくと、重力によって水分が下半身に滞りやすくなりむくみます。結果、痩せにくい太ももに・・・!

また、循環が悪くなるとリンパの流れも良くないわけで、ポンプの役割を担っている心臓から遠い下半身は、老廃物がどんどん溜まりやすくなりセルライトと化する可能性も大いにあります(汗)!

そもそもセルライトとは、老廃物と脂肪が絡んで出来ていくもの。そして、血流の流れをさらに悪くして、またまた老廃物をため込みやすい状態にしてしまうという、なんとも嬉しくないもの(笑)。

この「みくみ」「冷え性・血行不良」を解消する事、また後ほどストレッチ方法でもお伝えしますが、正しい筋力を作る為や代謝をあげる事を目的とした、食事メニューが太もも痩せに一役買ってくれます!

※「むくみ」

余計な塩分を摂取していると、水分を溜め込みむくみを出現させます。そして、先ほどもお伝えしましたが、下半身は特に心臓から遠い個所ですし、重力によって上半身よりもため込みやすくなります。

この余分や塩分や水分をしっかりと外に排出してあげる事が、太もも痩せの即効性を目指すポイントとなります!

塩分を取り過ぎない事に注意しながらも、体内に溜まっている余分な塩分・水分の排出を助けてくれるカリウムを積極的に摂取しましょう。特に、味がしっかりした食べ物を食べたり、イタリアンや、しょっぱい物を多く食べた翌日には、このカリウムが多く含まれる食材をしっかりと摂取し、早めに体外で出してあげる事が鍵です!これだけでも「あれ?一回り痩せた?」と言われる人もいるはず!特に、見た目での即効性が期待できます。

どのような食材に含まれているかと言いますと、果物にも多く含まれていまして、

・プルーン

・オレンジ、なつみかん、はっさく、いよかん など柑橘系

・パイナップル

また、果物以外ですと

・アボガド

・納豆

・緑黄色野菜(アスパラ、トマト、オクラ、ブロッコリー、ピーマン(赤・黄含む)など)

・豆乳

・にら、なす、ほうれん草など

も多く含んでいます。ですので、例えば食べ過ぎた翌日や忙しい朝など果物と野菜を合わせたスムージーなどもオススメです。いつもの食事メニューに手軽に追加できる食べ物も多いと思います。個人的にむくみを解消できる事が、食事の中では一番の即効性かもしれないと感じています!

※「冷え性・血行不良」

体を温める食事メニューを心掛けて、冷え性の改善を目指しましょう。

・根菜類(ごぼう、レンコン、ねぎなど)

・黒や赤、オレンジ色の野菜(人参、黒豆、こんにゃく、赤唐辛子、カボチャなど)

・ショウガ

などが挙げられます。また、食材だけでなく、冷たい飲み物を常温や暖かい物にするというのも効果的です。ショウガ湯や黒豆茶なんかもオススメですよ!逆にコーヒーや緑茶は体を冷やすとも言われていますので、適度に!

そして「血行不良」改善に効果的な食材をいくつかご紹介します!挙げればキリがないのですが、代表的でかつ日々のメニューにも取り入れられそうな食材をピックアップさせていただきます。

・納豆・・・血管内にドロドロになり血栓が出来やすくなりますが、それを溶かしたり予防してくれる作用があります。

・サバやイワシなどの青魚・・・血液をサラサラにしてくれる成分が含まれています。

・豚肉・・・たんぱく質(筋力を落とさない事も大事です)。ビタミンB1という中性脂肪の抑制に一役買ってくれる栄養素が有ります。

・貝や甲殻類・・・多くの人が耳にした事がある「タウリン」が含まれいて、コレステロールの増加を予防したり、血圧を下げる効果も!

太もも痩せに効果的なストレッチ方法

筋肉がコリ固まっていたり、身体全体がガチガチであると柔軟性が減ってしまったり、血流が悪くなる要因ともなります。逆に、しっかりほぐしてあげて、弾力が戻ってくると血流だけでなくリンパの流れも良くなります。

その結果、老廃物が流れやすくなってむくみが減ったり、基礎代謝量も増える効果が期待できます!体全体にも良いですし、浮腫みやすい下半身にとっては特に嬉しい効果ですよね。

それでは実際どのようなストレッチ方法があるのでしょうか?早速いくつかご紹介したいと思います!

※前側をしっかりストレッチ

かくいう私は、前重心の癖が昔からあって、太ももの前側が筋肉がつきやすく不格好になりやすいのです(汗)。その為、個人的に私が良く行っている前側をしっかり伸ばして、筋肉をほぐす方法ですが、簡単ですので是非お試しを!

1.片方の足を正座、反対の足を長座にする。

2.そのまま上半身を後ろに倒していく。仰向けになって15秒~30秒ほどキープ。

これを交互に繰り返します。前側が固まっていたり、弾力が減っていると痛いと思います!その時は無理せず、仰向けになる手前で腕で上半身を支えてもかまいません。気持ちよく伸びるところでキープしましょう!

※足とじストレッチ

内側の弾力を作って、しっかりと引き締める事も太もも痩せのポイントになります。もともと大腿部は外側の筋肉が大きいので、内側の筋肉を柔らかくしてキュッと鍛えてあげる事が、美脚への効果が期待できますよ!

1.仰向けになり両足をあげる(この時は両足閉じたまま)

2.ゆっくりと両足をひらき、痛気持ちい所でストップ。

3.ゆっくりと内側の筋肉と腹筋を意識して両足を閉じる。

これを繰り返します。余裕が出てきたら、足首を90度に曲げて行うと、さらに伸びを感じると思います。慣れないと逆に足に変な力が入ってしまいがち。そんな時は、壁に足全体の裏側をつけて行っていただいても大丈夫です!




※タオルを使って裏面ストレッチ

足裏全体をほぐす事ができるメニューです。

1.仰向けになる。

2.片方の足を天井にあげて、タオルの両端を両手で持ち、足裏にかける。反対の足は膝をたてる(慣れてきたら伸ばすと、さらに挙げている足がストレッチされます!)

3.息を吐きながら、タオルの力も借りて挙げている足を胸のほうに引き寄せる。20秒前後キープして、ゆっくりと元に戻す。

これを左右繰り返します。柔らかい人はタオルを使わず、自分の手で引き寄せてもOK!だんだんと、柔らかくなってくると自分のほうに近づいてくるので、やる気のバロメーターにもなると思います!

すべての動作、呼吸を意識して行う事がポイントです!息をしっかり吐く事で筋肉が緩みますので、止めてしまうと逆に緩まずストレッチの効果が薄くなりますので注意してくださいね。ストレッチはどちらかと言うと即効性というよりも、長い目でみて太ももだけでなく身体全体にとっても良いことばかりです!

日常生活の習慣でも簡単に太もも痩せ!?その方法とは?

さあ、今回はあえて筋トレでなく、忙しい皆さんでも簡単に日常生活の中でも取り組める、ながらメニューをお伝えしたいと思います!

といいますのが、姿勢や日常生活の癖が、太ももに余計な筋肉がついたり、歪んでくる要因にもなりますので、その原因を根本から正そう!というのが大きな目的です。結果、美しい太ももへの効果大です!

1.足をしっかり閉じて座る

はい、簡単そうで難しかったりしますよね。私もついつい意識が薄れると足が開き気味になったりします(汗)。美しい女優さんなど思い返してみて下さい。スカート・パンツに関わらず、ピタッと両足をつけて座っていて、美脚に目がいきませんか(笑)?

足を閉じる動作は、内転筋が鍛えられています。先ほど太ももは外側の筋肉がつきやすいとお伝えしましたが、つまり内側の筋肉って衰えがちになるのです。よくお歳を重ねた方が、両膝が外側へ開き気味になっていたりしますが、一つの要因として内転筋が弱まっています。この内側の筋肉を鍛える事で、キュッとした引き締まった太ももへの効果が期待できます!

余裕がでてきましたら、デスクワークの人とかはノートなどを足の間に挟んで、負荷をかけるのもよいでしょう。

2、足は組まない

足を組むと骨盤がゆがみ、太ももだけでなく体全体のバランスを崩す要因となります。疲れるとついつい組みたくなるお気持ちもわかりますが、ちょっとだけ組まないように頑張ってみましょう!癖になっている方は、少しずつ組まない時間を増やしていくと、だんだんと慣れてくるはず!

3.姿勢を正して生活

2と同じですが、前かがみや反り腰、頭や首が前にでていたり、猫背、、、身体はバランスを保とうとしますから、その状態が長く続くと、それを基本にバランスを作っていくので体が歪みやすくなります。

おへその指2~3本分下の丹田という場所に意識をもって、姿勢を良くして生活しましょう。また、同じ姿勢を長く取らない事も血流が悪くなったり、歪んでいる状態を体が覚えていく原因にもなりますので、適度に歩いたり、立ったり座ったり動くようにしましょう。

おそらく姿勢を意識するだけでも、疲れる方も多いと思いますが、少しずつ意識する時間をのばしていきましょう!

食事などに比べて即効性は少ないかもしれませんが(あまり今まで意識していなかった方は、即効性も期待ありです)、根本から正していく事は、後々大きな結果となってついてくる期待大ですよ!

 

いかがでしたでしょうか?今回は太もも痩せに効果がある、食事メニューやストレッチ、日常生活でのポイントをお伝えしました。現代人はパソコンを使用する事も多く、じっと座っている動作も長くなりがち。浮腫みで悩んでいる女性も多いのではないのでしょうか?そんな時は、簡単にできるメニューから取り入れていだく事で、少しずつスッキリできる事を願っています!




今回は「女性必見!太もも痩せに即効性にある食事メニューとストレッチ方法は?」というテーマでお届けいたしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です