大人の手足口病の初期症状は?かゆみや痛みは?

こんにちは!食トレブログライターのミルコです!

今回は「大人の手足口病の初期症状は?かゆみや痛みは?」をテーマにお届けしたいと思います。

食トレから少し離れますが、私の身近な方にこの病にかかった方が何人かいまして、症状を伺うとなかなか食事もとれない・・・といった状況に悩まされている方も多かった為取り上げてみました。

毎年夏になると、流行してくる手足口病。この記事を書いている本日もニュースで取り上げられていました。乳幼児だけでなく大人もかかる可能性があります。そこで、初期にどのような症状が出るのか?気になるかゆみや痛みはあるのか?また予防方法はあるのか?等を中心に見ていきたいと思います。



大人の手足口病の初期症状は?

< そもそも手足口病ってどのような特徴があるのでしょうか?子供さんがいない方、周りにかかった人がいないという方はなかなか想像しにくいかと思います。「そんな病気あるの?」「時々耳にするような気がするな~」という程度であまり気に留めていない方も多いと思います。 私も初めてこの病名を聞いた時には「手足と口に何かなるのかな?」なんていう漠然としたイメージしか持っていませんでした。詳しくはわからないけれど、病名だけは耳馴染みあるな~という程度でしたね。 そこで、詳しい症状は次にお伝えしますが、まずは、いくつかの特徴がありますのでお伝えしたいと思います。 「何となく耳にした事があるなぁ」という方も多いと思うのですが、恐らく夏の時期に耳にしているはずです!毎年夏、だいたい6~8月にかけて流行していまして、テレビなどメディアで報道される事も実は多いです。患者は5歳未満のお子さんが約80~90パーセントを占めると言われていまして、子供の3大夏風邪の1つともされています。 私の知人にもかかった方がいますが、重症化するととても可哀そうな症状でした、、、。 そして原因のウィルスが1つではない為、「一回かかったから、もうならないでしょ」というわけでなく、何回もかかってしまう可能性があるのも特徴です。以外と、一度なったらもうかからない!と思っていたという方が多く、再度感染して気付くという場合も多いです。実際、私の周りにも「もうならないと思っていたけれど、また手足口病になった!」と話している人がいました。 患者のほとんどは乳幼児ですが、まれに大人にも感染する事があります!パーセンテージで言うと、1%にも満たないとされているのですが、ウィルス性の感染症になる為、発症する可能性はあります。そして大人のほうが重症化しやすいとも言われていますので注意が必要ですね。

それでは、その大人が手足口病に感染した場合の初期症状はどのような特徴があるのでしょうか?

なんとなくだるいな、風邪かなという症状でなかなか初めは気付かない事もあるとされていますが、特徴としては口内にポツポツと水疱ができ「あれ?」と、いつもとは違う状態に気づく事が多いです。けれど、口内炎になりやすい方は「いつものかな?」という感じで、あまり気に留めない方もいらっしゃるかもしれません。

そして、この病の名の通り手足にチクチクとした痛みを感じ始め(個人差ありますが)、水疱が出現します。背中ややお腹といった部位でなく、主に口内や手のひら、足の裏に出やすいです。痛みだけでなく、かゆみも伴う場合があります。足の裏に出来た時には、歩くのも大変という話を聞いた事があります・・・。

最近では、私の中で記憶に新しいのが、ナインティナインの矢部さんが手足口病にかかったと公表していましたね。ペットボトルが開けられなかったり、スマホが打てなかったりと言っていまして水疱や痛みが伺えます。その症状を見た岡村さんは手の平が水玉みたいだった!と表現していました。そこで「あ~やはり、大人でも感染するんだな」と感じたものです。

まれに合併症を引き起こしたり重症化する可能性もありますので、特に大人でも免疫が落ちている方などは特に早期発見が大切になります。発熱がある場合もありますが、3人に1人位の確率とも言われていますので、初期症状に気付く為には、この口内や手足の水疱や痛みかゆみなどに注意するとよいでしょう。

 

かゆみや痛みなど、どのような症状になる?

では実際感染すると、どのような症状が出現するのでしょうか?「なんだかすごく痛そう」「かゆみも伴うの?」「日常生活に影響がものすごく出そう!」など色々なイメージを持たれると思いますが、はたしてどのような状態になるのでしょうか?

私個人的な印象としては「痛そう!」というイメージが強かったのですが、それだけではなくいくつか特徴的なものがありました。

以下に、先ほどお伝えした初期症状に表れるものも含めて、主な症状の特徴を記しました。

・口内や手足(主に手の平や足の裏など)に水疱ができる
・水疱ができた個所や周囲に痛みが出る
・かゆみも伴う事も
・熱発
・稀に下痢症状
・食欲が落ちる
・倦怠感(だるさ)
・悪寒

このような症状が表れます。ただし、やはり特徴的なのが水疱でしょう。特に口の中は痛みが伴う事が少なくなく、喉まで痛みが出る事もあり、そうなると食事や水分を取る事もままならなくなります。飲み込むのだけで痛いとなると、積極的に食べたい飲みたいとは思わなくなりますしね・・・。そうなると大人でも気をつけたいのが脱水です。まして発熱も伴うと、余計に水分が奪われがちになりますので、脱水には気を付けましょう。



この病だけでなく、以外と水分不足って自分では気づきにくかったりしますので、周囲の人が気付いてあげるのも大切ですね。実際、私も脱水傾向にある方を何人も見てきましたので、そのたびに摂取を促したものです、、、特に高齢になるにつれて不足気味になる方が多いですので、近くにいらっしゃる方は注視して挙げて下さい。まして手足口病により、飲み込むのも辛い・・・という状況になりますと、自ら積極的に飲む食べるという行為を避けがちになる可能性がありますので気を付けましょう!

そして3人に1人位とは言われていますが、発熱する事があり高熱につながる事もあります。そうなると、悪寒がしたりさらに食欲低下を引き起こしたりといった状況になりかねません。痛みにプラスして熱まであがると益々辛くなりますよね・・・。

上記のような症状がいつくか重なって出てくる事もありますので、何となくだるさを感じたり倦怠感が続くという方もいます。

状態が軽い人もいますが、重症化する場合もありますので「おや?これはもしかして?」という時には受診される事をおすすめします。かゆみやピリピリした痛みだけでしたら何とかやり過ごせそうですが、高熱がでたり痛みが強く、思うように食べられない・歩けないなという事にもなりかねませんので、そうなると辛い病になってきますね。

 

どこから感染?予防方法は?仕事は行けるのか

そもそもどこからウィルスをもらってしまうのでしょうか?かからないようにする為に、感染経路を把握した上で出来る限り予防するという事も大事になってきます!

手足口病は伝染性のウィルス性感染症でして、主にくしゃみなどが代表的な飛沫感染と、ウィルスがついている物などに手が触れる接触感染があげられます。お子さんですと、舐めたり沢山触ったおもちゃをお互いに共有して遊んでいたり、うつるルートが多くあるように思いますが、大人でも十分もらってしまう可能性がありますよね。

私の周りにも、お子さんがかかってしまったお母さんが「先生が、大人もうつる可能性があるからと言っていた!私も気を付けないと!」と話している方が何人かいました。そう、一番身近な子がかかると両親もかかる事もあるというわけですね。

そして、例えばお子さんが手足口病にかかり回復したなと感じても、1~2週間程度は呼吸器からウィルスが排出されるとも言われていますので油断は禁物です。そして、便からは2~4週間程度感染する可能性があるとされていまして、まだオムツ交換をしている際はさらに気を付けましょう!使い捨ての手袋を使用していたという方もいました。

そこで予防策としては、本当に基本中の基本になりますが、手洗いうがい、そしてマスク着用。これを徹底して行っていく事が一番の対策になりますね。耳にタコができる位聞いているわ!という方も多いと思いますが、この基礎が侮るなかれです!

さて、仕事を抱えている大人の方が気になる事の1つに、「仕事にいけるの?」という疑問があるかと思います。

感染症ではありますが、インフルエンザのように出勤停止という決まりはありません。しかし、うつる可能性がありますので会社に報告はしましょう。

特に子供さん関係の仕事や、飲食関係の方は症状を伝える必要があるでしょう。その場合は、休みをとるように(もしくは他の仕事を)という指示がでる可能性も多いにあります。感染力がある期間は以外と長いので、主治医とも確認をとりつつ仕事先とも相談していくのが良いでしょう。

そして高熱が出ている時や痛みが強い時など、仕事にならない状態の場合もありますので、そんな時も無理せず会社と相談して思い切って安静にすごすのもよいでしょう。

出勤する事になっても、マスクを着用したり、自分が触っている物は他者に貸さない、会社にある物はむやにに触らないなど、予防策を自ら行いましょう!広げないという事も大切になります。

 

いかがでしたでしょうか?今回は大人が手足口病にかかった際の初期症状、痛みやかゆみなど現れる症状についてなどを中心に見てきました。痛みが強まると食事がとれなくなる事も多く、脱水や体力低下の懸念もあります。そんな時に私ミルコがオススメするものとしては、刺激がある食べ物は避けるようにして、豆腐やゼリーなど冷たくて喉ごしが良いもの、おじやや軟らかいうどん等でも冷めた食事が比較的取りやすいので試してみて下さい。



というわけで今回は「大人の手足口病の初期症状は?かゆみや痛みは?」をテーマにお伝え致しました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です