加圧トレーニングの効果とデメリットは?

こんにちは!食トレブログライターのミルコです!

今回は「加圧トレーニングの効果とデメリットは?」について、お伝えします!

きっと一度は耳にした事がありますよね?確か火付け役はヒロミさんだったかなと思いますが、当時はさまざまなメディアに取り上げられて、大変注目されました。

最近は題材的に取り上げられないものの、加圧トレーニングは未だひそかに人気となっています。

そして名前だけは聞いたことがあるけど、どんなもの?と、よくわからないけれど気になっている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、そもそも加圧トレーニングとは何か?から、効果やデメリットについて見ていきたいと思います!



加圧トレーニングとは?

皆さんイメージとして何を思いうかべるでしょうか?私は初めて見てから「何か腕につけてる!」といった印象でした。あ、年数がたっても未だそんなイメージですね(笑)

そうです、その何かつけている!という物こそ加圧トレーニングの象徴でもある加圧ベルトになります。それを腕に巻いて筋トレやストレッチなど体を動かしていく方法になります。

つまり、血流をある程度制限しながら行っていく運動になります。

簡単に言ってしまえば、これだけになります(汗)

正直、「そんな腕や太もも部分に装着するだけで、効き目があるの!?」と初めて見た時は半ば半信半疑でした。メディアに取り上げられるたびに、そう思っていた事もありますが(汗)、テレビなどで題材的に取り上げられなくなっても、今だずっと専門のジムが無くならないんですよね。

簡単そうに見えて、それだけ効き目が期待できるという事の表れではないかなと思います。

その加圧ベルトを、腕や足の付け根部分に装着してトレーニングを行うわけですが、短時間で効果を期待できたり、締め付けられて血行が悪くなりそうなイメージですが、逆に血流が良くなったりと色々な魅力も謳われているのです。

それではどのような効果が期待されているのか?メリットやデメリットを交えてご紹介ます。

 

加圧トレーニングの効果とメリットは?

まず、私が一番良い点ではないかと思っているのが

・短時間で成果が期待できる

という点です。なかなか現代人は忙しい人が多く、まとまって運動する時間を取る事が難しい方も多いのではないかと思います。ジムにはいきたいけれど、そんな余裕なくて、、、もう少し短く出来るんだったらいいけどな・・・。と思っている人もいるのではないでしょうか?

そこで、この加圧トレーニングのメリットが出てくるのですが、上手に負荷をかける事で以上の効果も期待できるとされています。

とある宣伝では、普段の30分が2時間分の効果が!とも言われていますね。忙しいけど鍛えたい!という方にとってはとても誘惑される数字ですよね(笑)。

実際実証されているので、この時間が出ていると思うのですが・・・パッと見ただけでホント!?と疑う位の嬉しい効き目ですよね。

体を動かして筋力アップを考えているんだけれど、なかなか時間を取れない!という方にとってはとても魅力的なのではないかなと思います。

・運動キライでも続けやすい

これも次なる魅力の一つかと思いますね!、体を動かしたいとは思うんだけれどそもそも苦手・・・。という方。以外と多いのではないでしょうか?気持ちはあるんだけど・・・動かすのキライなのよね・・・と思う人もいますよね。

そんな方でも気軽に取り組めるのがこの加圧トレーニング。時間も短く、そもそもそんなに激しく動くものではないので、トレーナーのもと簡単に取り組む事ができます。多く体を動かしたりと、運動量多く、長く行うのが苦手な方にとっては、とてもメリットと言えるのではないでしょうか?

あの腕に巻くものを見ると、「何だか血管が止まりそうでつらいんじゃないか?」と思われがちですが、実は思った以上に負荷は軽いので、その点も続けやすそうですよね。

・血行の改善

これは嬉しい効果の面になりますが、加圧ベルトによって一時的に血流が滞るように思われませんか?私も当初、そう思っていました。「そんなに血管とめて大丈夫なの!?逆に流れが悪くなるんじゃないのか!?」と思ったものです。

けれど、調べるうちにその現象によって脳が逆に「血流を増やそう!!」と指令を出してくれ、その結果毛細血管など隅々に血液が送り込まれ、また毛細血管が増えるとも言われている事がわかりました。

加圧ベルトで圧をかける、そうした結果、新陳代謝も良くなったり、柔らかい血管に変わっていったりという嬉しい効果も期待できます。



・バランスの良い筋力アップ

筋肉と一言で言ってしまう場合がほとんどですが、さらに少し細かくみると遅筋と速筋という種類にわけられます。遅筋は言わば持久力系で、速筋は瞬発系になります。

普通は同時にこの二つを鍛える事はできないと言われています。つまり、別々に負荷をかけて筋トレ等していかないといけないんですよね。部位を考えたり、時間をかけて鍛えるのが苦手・・・という方にとっても嬉しいメリットではないでしょうか?

加圧トレーンングはそれが出来てしまうというのです。一石二鳥ですよね。

先程もお伝えしましたが、強い負荷がなくて同時に行えるというのは嬉しいですね。

・ダイエットやアンチエイジング効果も

このトレーニングを行うと、成長ホルモンの分泌が盛んに行われる事がわかっています。「それって、重要なの?」と思われがちですが、とても大事です!

成長ホルモンを侮るなかれですが、私たちの身体にさまざまな影響を及ぼします。

例えば、体脂肪燃焼の促進につながり、ダイエットや肥満改善につながるとも言われています。そして、新しく細胞を生まれ変わらせる効果も期待でき、結果、アンチエイジングとも言われる美肌や老化防止、若返りといった、嬉しいメリット面が多くあります。

そんな成長ホルモン分泌効果を助けてくれるのが加圧トレーニングです。

 

デメリットはある?

さて、嬉しい効果やメリット面をお伝えしてきましたが、逆にデメリットというか気を付けなければいけない点はあるのかについて見ていきたいと思います。

大きくまとめてしまうと、「トレーナーがいないと取り組む事が難しい」という点だと思っています。

例えば

・加圧ベルトという専門の器具でないと危険

見よう見まねでトライしてみたくなりますが、家にある、例えばタオルとかで使用するのは危険です。なので、ランニングや腹筋などと違って、思い立ったらすぐに!という感じで行えません。

・どれ位負荷をかければよいのかわからない

もし専用器具を持っていたとしても、自分自身で(もうすでにトレーナー資格等お持ちであれば別ですが)負荷の調整をするのが難しいという点です。

安易に「これくらいかな?」と自己判断で取り組んだ場合、例えば必要以上に筋肥大が起きてしまって、特に女性の場合などは「もっとスレンダーな体型を希望していたのに!」なんていう状態になりかねません。

・血流の制限をどれくれいにすれば良いのかわからない

これも上記の負荷という点と似ていますが、自分自身でどれ位制限してよいのか判断が難しいという点です。場合によっては貧血状態なってしまうという可能性もあります。

 

上記の事から、専門のトレーナーに圧や時間等の調整を行ってもらう必要性があります。「私もすぐやってみたい!家にある適当な物で試そうかな!」と思って開始できないのが最大のデメリットかなと思います。

嬉しい効果も多く期待できる加圧トレーニングですが、こういったデメリットもあるかなと感じています。

 

いかがでしたてしょうか?きっと一度は耳にした事があるトレーニング方法かと思いますが、実際はどのような効果があるのかよくわからない方も多いと思います。しかし、色々なメリットもあるとされていますので、ご自身の目的やライフスタイルに合うようであれは、検討してみても良いのではないでしょうか!?





というわけで今回は「加圧トレーニングの効果とデメリットは?」についてお伝え致しました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です