一週間で見た目痩せ!1ヶ月で体重も変化させる方法!

食トレブロガーのミルコです!

今回は「一週間で見た目痩せ!1ヶ月で体重も変化させる方法!」をテーマに書きたいと思います。

急に来週にイベントや大切な用事が入り「どうしよう、このままじゃ行けない!痩せないと!!」と思った事はありませんか?きっとそんな経験した方や、「今まさにそう!」という局面にいる方も多いはず!今回はそんな時に役立つ、「一週間で目指せる、見た目痩せの方法」をお伝えしたいと思います!そして、見た目痩せだったつもりが、その方法を継続すると・・・いつの間に1ヶ月後には体重も変化していた!という2重で嬉しい方法も伝授しますね。早速みていきましょう!



1週間で見た目体重を減らすには?

「来週デートが!!」「あと数日で同窓会だった!」「海に誘われたのに、このままじゃ行けないー!」など、急な嬉しい予定が入ったけれど、「もう少し痩せてから行きたい(泣)!」と思った事がある方、実は多いのではないのでしょうか?かくいう私も1回だけでなく、何回も思った経験があります(笑)。

そういう時は、「もう1週間しかないじゃない!」「間に合わないよー!」などなど、決まってもう日数が無かったりと困ったものです(汗)

何回ももう少し痩せてから行きたいと思った個人的な理由ですが、大切な用事が入ったという事ももちろん多かったのですが、パフォーマンスする際に体をスッキリ見せたく、残り1週間ほどしかない日数という状態で、トレーナーにお願いして見た目だけでも痩せて見せる依頼した事もありました(汗)。

その時は、もう神頼み的な気持ちでお願いしていましたね。正直少ない日数で痩せるのか、、、と疑問に思って、半信半疑で依頼する事もありました。果たしてその効果はどうだったのか申しますと・・・

結果を申し上げますと・・・見た目体重は減らせます!

あんなに自己流で、何となく効果がありそうな事をがむしゃらに試していた時は、人からほぼ「痩せた?」なんていう言葉は聞かれなかったのですが、しっかりポイントを絞って取り組んだ結果、約1週間後には「あれ?なんだかスッキリした?」「ちょっとスマートになったんじゃない?」なんて言われて驚きました。

こんな数日で言われる事なんてあるの!?と半信半疑でしたが、一人でなく複数名から言われた時には確信に変わりましね(笑)。

この、何となくという想像で、何も理屈がないままやみくも行っていたのが、良くなかったと気付いた瞬間でした(汗)。

と同時にトレーナーにお願いして、しっかりと理屈にそって行った結果、こんなに変化があるのかと思い驚きましたし、しっかり理解して取り組む事で、成果がついてくると身を持って体験しました。

そして、見た目は、1~2kgほど体重が減少した時よりも、他者から見た印象が大きくなる傾向もあります。「えっ!?1週間で?」と思う方も、きっと多い事でしょう。

どういう事かと言いますと・・・皆さん想像して下さい。体重が2kg落ちたけれども、ウエストが80cmのまま。体重は減っていないけれども、ウエストがマイナス10cmの70cm。どちらのほうが、痩せた!と感じそうですか?

そうです、単に実体重が減ることだけが痩せると印象付ける要素ではなく、見た目体重の印象の方が、「痩せた!」と感じてもらいやすくなるのです。

ここが、今回のポイントでもありますね。

実際、自分自身で少し体重が減ったと思うのに、全く気付いてもらえないのと、さほど体重は減っていないのに、見た目が以前よりシュッと見えて「痩せた?」と言われた方が、嬉しい方も多いはずです。

もちろん、スッキリ見せる効果というのは、今の体にも左右されると思うのですが、例えば素晴らしく健康体で普段から食事や運動、睡眠等すべて身体に良い事やりつくしてます!!という方は期待が薄いと言えます。けれど、そんな完璧にやっています!という方は、この忙しい現代人には少ないと思うのです。ですので、効果が表れやすい方も多いと思います。ちょっとしたポイントや取り組み方を工夫するだけで、大きく外見は変化しますよ!

これからお伝えする「見た目痩せ」の方法を参考にしていただければ、何かしら成果が表れてくると思いますよ!

早速お伝えしていきたいと思います。

「見た目痩せ」のポイントと方法を伝授!

ここからは、見た目体重を減らすポイントと方法をお伝えしていきたいと思います。

短期間で効果を得るには、ポイントを抑えて効率よく取り組む事も大切です!

過去に私が独自で取り組んだ時は、実体重を減らす事しか頭になくて、何回も失敗と挫折を繰り返しました。「何でこんなに意識しているはずなのに、効果が無いんだ―」と言っておりました。けれど、この「はず」というのがミソで、何も知識が無いままやみくもに取り組んでいたんですね。

そんな状況を繰り返し、いよいよダメだ!!と思った時、専属トレーナーに依頼しました。そして、トレーナーから教えられた内容を実行に移すと、みるみる体がスッキリして「痩せた?」「スッキリしたね」と1週間で言われました。本当に驚きました(笑)。過去に色々独自で考えて、「きっとこれで効果がでるだろう」と思い取り組んでいた時は全然言われなかったのに、こんなに言われて方が変わるの!?と思ったものです。「きっと」という曖昧で、何となく発想がいけませんでしたね。正しい方法が必要なんだと感じた瞬間です(笑)。

まずはこのポイントを抑えて生活すると、1ヶ月後には体重も落ちてくる可能性大ですよ!

それでは私が専属トレーナーに教えられた事も含めてお伝えしていきますね!

まず、一つ目の大きなポイントは「むくみ」です。

個人的に、スッキリ見せたい!という時には、このむくみ除去を徹底して行います。じつはむくんでいる方、けっこういらっしゃるかもしれません。私も余計なむくみを溜め込んでおりました(笑)

特に現代人は、なりやすい生活環境等の要素を沢山持っています。

けれど、このむくみを取り除いてあげる事で、1週間ほどの短期間でも見た目痩せにはとても効果的になります。では実際どのようにとっていくのかを視ていきましょう。

□塩分に注意!・・・塩分過多は、身体に水分をため込みます=むくみます!現代人の食事は塩分量が多いと言われています。現在厚生労働省の1日あたりの塩分摂取量の目標値は、男性8g、女性7gとされてます。しかし、H25年の厚生労働省の発表では、男性11.1g、女性9.4gの塩分を摂取している公表されました。コンビニ飯、ファーストフード、レトルト食品、ラーメンなどなど、、、塩分がどれくらい入っているがご存知ですか?

例えば、インスタント味噌汁などの栄養成分表を覗いてみてください。例えばですが、一食あたりナトリウム750mgと記載があったとします。「1g未満か・・・結構大丈夫だな」と思った方!違います!塩分は、ナトリウム400mgで塩分1gという計算なのです。「ええっ!?」と、驚いた方も多いのでは?私はこれを専属トレーナーから教わった時衝撃でした(笑)1杯で、すでに塩分約2g弱です。スープ系が大好きだった私は、1日3食何かしらの汁物をつける事も多くありました。単純計算ですが、それだけでもう1日6g弱摂取していた事になります(驚きでした・・・)

私は見た目痩せに取り組む際は、高血圧学会や腎臓病をお持ちの方が目安にする、6g未満を目標にします。WHOは5g未満を目標としている為、決して無理な数字ではないですし、基準が分かりやすいので取り組みやすいです。

自炊する際には、今日は塩分取り過ぎているな~と感じた時には少な目にしたりと、上手に調整できると思うのですが、外食や総菜、コンビニやスーパーの弁当など、成分表を意識的に見てみて下さい。私は、今は必ずと言ってよいほど確認しています。例えば「バランス弁当」等と書かれていて、確かに30品目ほど食材が入っていて健康そうに見えるのですが、成分表をよくよく見て下さい。きっと驚く方も多いと思います(汗)。むくみを取り除きたい時には、ぜひ積極的に確認するように心がけていただきたいものです。

ただ、極端に減らすのは危険です!ある程度摂取しないとふらつきやめまい、脱力感など発生します。身内の話ですが、夏場に塩分不足で、この状態になり、病院に行く事になるような状況になりますので、注意しましょう。ですので、まずは6g位を目指すのを推奨します。これだけでも、私はかなり浮腫みがとれました!

余分なむくみが体内から取り除かれる事によって、見た目はもちろんですが、体重も変化する方も多いです。私自身は1~2kgではありますが、テキメンに体重にも変化がでます。



□体を冷やさない・・・血流が悪くなり、皮膚の下に水分が溜まったままでむくみが発生しやすくなります。そのままでは筋肉が硬くなりやすく、また冷えを強める。そして脂肪燃焼もしにくくなってくる為、良い事ありません。体を温めたり、冷たい物を控えたりしてみましょう!普段から氷を入れて飲み物を飲んだり、キンキンに冷えた物が好き!という方は、飲み物の温度を変えるだけでも効果があるかもしれません。

□カリウム・・・塩分を取り過ぎた後は、体内に増えすぎたナトリウムの排出を促し、体内の水分量のバランスを保つ働きをしてくれる、カリウムという栄養素を取り入れます。特に果物はカリウムが沢山入っている宝庫です。キウイやアボカド、柑橘類、マンゴー、柿、リンゴなど多く含んでいます。忙しい朝なども、日々の食事にも手軽に取り入れられる食べ物だと思いますので、是非取り入れてみてはいかがでしょうか!?特に、外食が続いている時や、前日に塩分が多い物を食べた時には、意識的に摂取する事をオススメします。

□長時間同じ姿勢は禁止・・・リンパの流れや静脈の血液の流れは筋肉の収縮ポンプが作用します。長時間座ったままなど同じ姿勢の場合、筋肉のポンプが働かない状態と重力の影響で浮腫みます。例えば座ったまま踵上げをする、足首を回す、足踏みをするなど、簡単な動作で構いませんので、筋肉を程よく動かしてあげましょう!

○便秘解消!

便秘がちなお腹って、ポッコリしやすくなります。消化をよ良くして、老廃物は外へしっかり出してあげましょう。乳酸菌や発酵食品、例えばヨーグルトやキムチなどもおすすめですね!そして食物繊維が豊富なプルーンやバナナ、などもおすすめ。また、できれば同じ時間に排便できるようなリズムを整えられるように、トイレタイムを生活の中に組み込んであげるもの良いかと思います。

そして、ずっと食べているような状態では、胃腸が疲れてしまいヘトヘト状態に・・・食間はちゃんと数時間あけてあげましょう。お腹が鳴る時は、お腹やしっかり休息できている時と思いなさいと良くトレーナーに言われてました(汗)。

○入浴・睡眠をしっかり

睡眠不足は、大きく言ってしまうと脳が正常に働かない状態。そうなると正しい指令がでず、便秘や眠気、むくみや脱水症状も引き起こしやすいと言われているのです。逆に睡眠をしっかりとる事で、体を整え悪い物も解毒してくれる作用があります。見た目痩せを目指している間は特に、規則正しい生活を心掛けましょう。質の高い睡眠も痩せる効果のサポートをしてくれます。

入浴は、身体も温まり代謝も良くなりますし、むくみをとる効果もあります。そして良い入眠効果もありますので、ぜひシャワーだけでなくこの期間は湯船につかるよう意識してみましょう。時間が無くて無理!という方など、まずは1週間に半分位から目標にしていきましょう。

○適度な運動

運動はもちろん取り組めるほど良いですが、少し普段の行動にプラスしてみるだけでも良いです。「そんな体を動かす時間なんてないのよ!」等色々事情はあるかと思いますが、ストレスない範囲で行いましょう!例えば、つま先立ちで歯磨き、駅の階段だけはエスカレターを使わずに歩く、お風呂に入る前に腹筋20回など。自分の生活の習慣の中に取り込めてしまうのもを何か取り入れましょう。

運動が好きな方は、ぜひ筋トレの後に有酸素運動を取り入れてみて下さい。痩せやすいホルモンが出ているので効果倍増です。スクワットやってから掃除機がけとかも良いですね!

運動は無理!!という方は、おへその指2本ほど下に丹田という部分がありますから、そこに少し力を入れて、とにかく姿勢に気を付けて生活してください。これだけでも良い運動になりますよ!

○ストレッチ

よく、ツボ押しとかマッサージが良いとかも聞きますし、確かに効果はあります。ただ、なかなかすべて行うには時間が無いと思うので、ストレッチを行ってみて下さい。リンパを流すには、マッサージよりもストレッチが効くという一説もあるくらいです。ぜひ老廃物を流すだけでなく、リラックス効果も促せるストレッチを、お風呂前や寝る前の数分でも取り組めると良いですね。

○食事

アルコールと間食は、この期間は控えましょう!特に成果を出したい日が迫っている場合、1週間ほど、何とかやりすごしましょう!色々体にとってはあまり良くない物を取り込んでしまします・・・。もし摂取した場合は、翌日調整したりしましょうね!あまりストイックになる必要性はありませんが、バランスよい食事を心がけて下さいね!

1ヶ月後には体重や体にも変化が出てくる!

もう数日しかない!と思って、一生懸命すっきり見せる為に、先ほどご紹介した方法で取り組んでいると、「痩せた?」と聞かれる事が多かったです。しかし、実際には体重には大きな変化は見られていな事もしばしば。

しかし、見た目痩せを目指してポイントを絞って取り組み、「あ、何だかこのまま取り組めそうだなー」と思い続けていくと、1ヶ月後には体重にもしっかり変化がでてきました。

50kg前半だったのですが、-3~4kgはスルッと落ちたのです。

けれど、「もうこんなの続けられない!」「こんな運動耐えられない!」などなど、ストイックに食事制限や体を動かす事を意識したわけではありません。

先程お伝えしたように、とにかく私は塩分に気を付けて、バランス良い食事、少し運動をプラスする位です。ただ、これだけでも体重は落ちましたし、見た目に限っては「5kg位痩せた!?」とも言われました。

なぜ見た目だけでなく、体重にも変化がでてくるかと言いますと、まず身体がスッキリしてきていて、本来の機能が働いてきているのです。浮腫んでしまっている時は著しく代謝がさがります。その浮腫みをを解消する事ができれば代謝アップを望めます。余計な老廃物が除去されますとますます身体の中の流れもよくなりますし、血流もよくなります。小さな運動の継続で、筋力が少しずつついてきますと、それだけで代謝があたり消費エネルギー量が増えます。

このような小さい積み重ねが、実際体重の変化も現れた!という嬉しい喜びに、つながっていきますよ!少し試してみて「あ、続けられそう!」という方、是非その習慣を継続してみて下さい!見た目だけでなく、しっかり体重計も物語ってくれますので、嬉しさ倍増です!

1週間ダイエットがある程度習慣化されると、さらに1ヶ月後など効果が楽しみなる可能性が多いにありますよ!

見た目年齢が若い人の特徴は?

(追加情報:2017.8.15)

皆さんの周りにも、「年齢よりずいぶん若くみえる!」「えっ!?私と同い年?」と感じる方がいませんか?見た目が実際の歳よりも下に見えて羨ましい!と思った軽減がある方も多いと思います。私の周囲にもそういう方が何人かいますね、「○○歳よ~!」と言われて本気で驚く事もしばしばあります。

今回「あれ?痩せた?」と思われるようなポイントや方法などお伝えしてきましたが、きっとそれと同時に若々しく見てもらいたい!と思っている方も多いと思います。

そこで、見た目年齢が若く見える人の特徴って何なのか!?を探っていきたいと思います。

・イキイキして表情が明るい

お顔の印象ってすごく残りませんか?例えば、口角が下がっていたり、いつも下を向きがち、たるみがちですと、実際よりも年上に見えたり老け顔とも言われかねません(汗)。

表情が明るくイキイキしている方は、笑顔含めて雰囲気がとても若く感じます。意識的にも改善できると思いますので、「最近なんだか伏し目がちだったなぁ」「覇気がぜんぜん無かった」「笑顔?忘れていたよ」という方は、笑顔で口角をあげるイメージを持ってみましょう。それだけでも雰囲気が変わる可能性大です!

・クマがなく、お肌がキレイ

これも想像できる理由かと思いますが、無理なダイエットに取り組む事等で必要な栄養素が取り込まれず、肌の張りが損なわれたりガサガサになってしまう、、、という事も往々にしてあります。

とにかく痩せたい!という思いが先行してしまうと、ついつい無理な食事制限という考えにたどり着いてしまう方も多いのが現状ですが、結果美しい痩せ方とは言えない状況になる可能性大です。体重そのものは落ちても、筋力が落ちたり張りがなく、お肌も荒れ放題・・・なんていう状態になると、逆に増えて見えがちです。そして無理な制限は血流も悪くさせる原因にもなり得ますので、くすみがちになったりクマになりやすいという状態も作ってしまいます。

ですので、見た目痩せに取り組む際もポイントに気を付けて、絶食などのダイエットの考えは捨てて、必要な栄養素は取り入れるという事も大切になります!

そして、ストレスや睡眠不足も栄養してきますので、上手に気分転換できる機会を作ったり、睡眠時間をしっかり作る事も良いですね!

・姿勢がよく、身体がひきしまっている

これも大事なポイントになりますね!周りの人を見てみて下さい。どんな格好、姿勢で座ったり歩いたりしていますか?猫背だったりお尻がでているような感じ、首が前に出ている・・・など様々な様子が伺えると思います。

どうでしょう?円背気味や、お腹が前に出て反り腰の状態で歩いている方と、背筋を伸ばしている方、どちらが若々しく見えますか?そうですよね、後者ですね。

そう、姿勢を正す事は、若さの雰囲気を作ってくれる重要な要素でもありますし、身体にも良い事ばかりです。意識的に取り組む事で、以外と腹筋や背筋を使ったりしますので、身体を引き締めてくれる手助けもしてくれます。

最近私が懸念しているのは、若い人でも最近体のバランスが崩れている人がとても多い事です。

スマホやパソコン、ゲームなどを見る機会が多いのが一つの原因とも考えますが、どうしても首のあたりが前傾になり、そうなると体は自然とバランスを保とうとしますから、腰や背などにも総じて影響が出てきてしまいます。とっても可愛らしいお顔をされていたり、足も細くてスタイルが良さそうだなという方は多くいるのですが、首が前に出ていたり、反り腰になったり、円背気味の方も多く見かけまして、「残念だなぁ」なんて勝手に思ってしまいます。若々しさ半減です(汗)。

逆に気を付ける事で見た目の若さにも繋がりますので、是非気を付けてみて下さい!

 

ミルコのまとめ

(追加情報:2017.7.27)

私個人的な意見をまとめとして述べさせていただきますと、「痩せた?」「あれ?少し肉が落ちたんじゃない?」「スッキリした?」等々、まずは周りの方からの見た目を何とかしたい!!といった場合は、体重の変化よりも見た目が大いに影響します!

ですので、「スマートになる為には、体重をへらさなきゃ!!食べ物を我慢よね!」と安易に考えがちになり、絶食や極端な食事量の制限をしてしまいがちになります。けれどもそのような取り組みをされると、体力や筋力も低下し逆に代謝が悪くなったり、「痩せた?」でなく「やつれた?」「顔色悪くない?」という声のかけられ方に変わっていきます(汗)。なによりも、体にとって良くありませんので、ポイントを押さえ食材を選んで食べるようにしましょう。

特に、目標までの日数が短い場合は、焦りも強くなりついつい忍耐のようなダイエットに走りがちですが、無理は禁物です!

先程もお伝えしましたが、何となくの想像で取り組むと結果に結びつかない事が往々にあります。実際私自身も実践して身を持って知りました・・・。先ほどもお伝えしましたが、やはり理にかなった方法で取り組む事によって成果も変わってくるのです。

見た目で痩せたように思ってもらう為には、まずは体重減少よりも浮腫みを減少したり即効性が期待できる所から取り組んでいきます。実践しているうちに、自然に体重まで変化が出てくる事も多く、結果2重で嬉しい!という事も十分にあります!

また、日頃食事内容が悪く、また生活リズムがバラバラで睡眠時間も少ないという方は、食事のバランスを整えしっかり眠る事を実行するだけでも、顔色が良くなりイキイキとした印象に変化をもたらす可能性もあります。それだけで、なんとなくもたついた印象から、すっきりとしたイメージに変わる事もありますので、是非「最近不摂生しているなぁ」と思い当たる方は、基礎の生活も見直していただけると良いでしょう。

自分自身が感じる変化も重要ですが、何かイベントや急な用事が入って久々に会う、もしくはデートなんていう時には、少しでも良く見てもらいたい!と思いますよね。「このままじゃ会えない~!」という状態ですと、せっかくの約束もつまらない物になってしまったり、気分も落ち込みがちになりますよね。そんな時にはこの見た目で痩せた印象を作るという事が役立ちますので、是非トライしてみていただきたいと思います。

私個人的には、体重が変わっていなくてもスッキリ見せる事で、印象が変わる事を実感しております!

 

いかがでしたでしょうか?

今回は見た目から、1ヶ月後には実際体重減少の変化までもたらす方法をみてきました。

取り組む際のポイントは、あまりストレスをため込まずに、楽しみを持って取り組む事!お腹がグーって鳴ったら「あ、今お腹が寝ているんだな、少し間食は控えよう♪」など、ちょっと前向きな発想で考えられるといいですね!



というわけで、今回は「一週間で見た目痩せ!1ヶ月で体重も変化させる方法!」をテーマにお届けいたしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です