ニキビに効く食べ物&なりやすい食生活は?

こんにちは!食トレブログライターのミルコです!

今回は「ニキビに効く食べ物&なりやすい食生活は?」をテーマに書きたいと思います。

皆さんはニキビに悩まされた事はありませんか?スキンケアなど外側からのお手入れをしっかり行っても、「あれ?またニキビ!?」「何で全然治らないの?」などと思わた方もいらっしゃるはず。かくいう私も「あっ!こんな所に出来てる!」と、気分が萎えがちになったものです・・・。

今回はニキビにお悩みの方へ、ニキビに効く食べ物や、逆になりやすい可能性が大きい食生活や食事を中心にお伝えしていきたいと思います。また、食べ物以外でも気を付ける事ができるポイントもご紹介します!



ニキビに効く食べ物は?

お肌のトラブルは、スキンケアに目が行きがち。けれど、毎日の洗顔や保湿など外側のケアだけでなく、食事も大切なポイントとなります。体、つまり皮膚も基本は口から入る物から作られていきますので、内面からもしっかりサポートしてあげるとより効果的ですよ!

毎日の食事に、手軽に取り入れられるニキビに効く食べ物を、期待できる効果とともにご紹介します。

※ビタミンC:まずは身近な所から!これは皆さん、良く耳にしますよね!効果として、コラーゲンを生成してくれたり、皮脂分泌や炎症を抑えてくれる、ニキビにとっては嬉しい作用があります。ちゃんと効く理屈があって、ビタミンCは推奨されているのです!

ビタミンCを含む食べ物→ブロッコリー・ピーマン(色問わず)・モロヘイヤなどの緑黄色野菜、キウイ・アセロラ等果物 など

※ビタミンA:新陳代謝を促してくれる栄養素です。つまり、古くなったお肌から新しいお肌への移行していくサイクル=ターンオーバーを健康的に促してくれるのです。結果、お肌の古い角質や汚れなども一緒にはがれ落ちてくれるので、修復してくれる助けになってくれます。

ビタミンAを含む食べ物→レバー、人参やほうれん草などの緑黄色野菜、うなぎ、卵 など

※ビタミンB2:あまり聞きなれないビタミンだと思いますが、皮脂の過剰な分泌を抑えてくれたり、分解してくれる働きがあります。特に思春期のニキビは皮脂の分泌が原因の事もありますので、このビタミンも摂取する事をオススメします。

ビタミンBを含む食べ物→青魚、鶏肉、豚肉、納豆、アーモンド など

※ビタミンE:抗酸化作用や、ホルモンバランスを整える働きもあります。抗酸化作用ってそもそも何でしょう?私たちは酸素を取り入れてエネルギーを作っていくのですが、一部はその過程で「活性酸素」というものに変化していきます。活性酸素が増えていくと、身体の内部を酸化させていってしまい、血管や細胞を傷つけてしまったり、動脈硬化など生活習慣病をも招いてしまう、また老化させる危険性があります。この活性酸素を除去してくれる働きを持つのがビタミンEです。ぜひこのビタミンも取り入れて、若々しい元気なお肌を維持したいですね。

ビタミンEを含む食べ物→うなぎ、アーモンド、モロヘイヤ、ピーマン、アボカド、魚卵 など

※食物繊維:腸内環境が整っていないと、お肌トラブルを招きやすくなります。便秘など解消し、腸内を健康にする事もポイントになります。

食物繊維を含む食べ物→豆類、野菜、きのこ類、海藻類、バナナ・リンゴなどの果物 など

 

いかがでしょう?あまり聞きなれないビタミンもあるかと思いますが、ニキビトラブルに対して効く食べ物がいくつかありますので、取り入れやすい食材から普段の食事に足してみてはいかがでしょうか?

 

ニキビになりやすい食生活や食事とは?

それでは逆に、ニキビになりやすい食事を見ていきたいと思います。ニキビを予防するためには、皮脂の分泌を促すような食べ物や、胃腸に負担をかけるような食事は控える事がポイントとなります。知らず知らずに、なりやすい物ばかり食べていた!という方は、是非食生活を見直してみて下さい!

※糖分の過剰摂取に注意!

糖分が体内に入ってくると、ビタミンB群とミネラルを大量に消費し、分解されます。また、ビタミンを使ってエネルギーへとなっていきますが、過剰に糖分を摂取していると、余った糖質が脂肪として体の中で蓄積されてしまいます。また皮脂の過剰な分泌を抑える働きも弱まりやすくなっているわけですから、皮脂が過剰に分泌され毛穴が詰まりやすく、結果ニキビなどになってしまう事に・・・!

実際私も、何かイベントや頂き物が続き、ケーキなど糖分が多い食生活を送っていた際は、ニキビや吹き出物が出現しました(汗)。

また、糖分が多い食べ物は血糖値が急激に上がる傾向があり、結果、インスリンが大量に分泌されます。インスリンはある説では皮脂の分泌を促してしまうともいわれていますので、ニキビの原因にもなってしまいます。

※油脂分が多い食べ物にも気を付けよう!

おそらく皆さん想像できますよね!油分を多く含む食事は、皮脂の分泌を過剰にさせてしまう原因ともなります。過剰に分泌される事で、毛穴がつまり、やがてニキビとなって出現してくる可能性があります!かくいう私は、忙しさを理由にしてファーストフードを多く食べるような食生活だった時、ニキビ出てきました(汗)!

普段油っぽい食事が多かったり、ファーストフード、スナック菓子など、、、多く摂取しているようであれば控えましょう!

※刺激物や辛い食べ物

意外かと思う方もいるかと思いますが、刺激物は胃腸に負担をかけ、消化機能が低下し、ニキビの原因となってしまう事も。もちろん新陳代謝が良くなるなどの効果はありますが、ほどほどにしましょう!




※カフェインはほどほどに

カフェインはビタミンやミネラルの排出を促す作用もあります。先ほどニキビに効くほうで紹介した、ビタミンBやCが不足してしまい、皮脂量が増え、結果ニキビが・・・!という可能性もあります。

もちろん良い効果もありますので、お肌の事を考えるとほどほどに!という事です。

 

食べ物以外でも気を付けるポイント

ここまでニキビに効くor注意したい食べ物をご紹介してきましたが、ここで少し、食べ物以外でも気を付けるポイントをお伝えしたいと思います。ぜひ食事と合わせて取り入れていただけると、効果が期待できるはず!

※睡眠をたっぷりとる

睡眠不足状態など、満足いかない状況が続くと、ホルモンのバランスが崩れたり、ストレスが増進されます。その結果、皮脂の分泌量も増え毛穴が詰まりやすくなり、結果ニキビ発生なんて事も。かくいう私は、この睡眠不足が続いた時に、何回か出現いたしました(笑)。

※ストレスをため過ぎない

先ほどの睡眠不足でもお伝えしましたが、ストレスがたまるとホルモンバランスが崩れやすく、男性ホルモンが優位になり皮脂の量が増加するともいわれています。結果、毛穴に詰まったり塞がれやすくなり、ニキビの原因ともなります。

ストレスが溜まっていると感じた時には、上手に発散したりリフレッシュできるといいですね!

※むやみに触れない

ニキビや吹き出物ができると、ついつい気になって触ってしまいがち。ですが、触っているうちに細菌が中に入り悪化させてしまったり、治りが遅かったりする原因に。

また、髪の毛が触ってしまう事も気を付けるポイントです。シャンプーやリンスなどの洗い残しや、整髪剤など、場合によっては刺激が強い成分もあります。ニキビ(毛穴など)を刺激してしまい、悪化させてしまう可能性もありますので、気になる方は顔回りにあまりつかないよう、縛ったり前髪を上げたりする事もオススメです。

※しっかり洗顔

今は色々な洗顔料がありますね!製品も進化していますし、「サッとメイクが落ちた!」と思う方も多いと思いますが、すすぎ残しがあると、毛穴に詰まってしまったり、清潔とは言えない環境になり、逆にニキビの原因ともなりえます。清潔な手で、洗い残しがないようにしましょう!

 

いかがでしたでしょうか?ニキビに効く食べ物や、逆に注意したい食事をご紹介しました。もし普段の食生活がファーストフードや糖分、油分が多いようでしたら、是非バランスの良い食べ物、ビタミン・ミネラルも積極的に摂取できるよう心掛けて下さい!食生活を見直すだけでも、効果が出てきますよ!ぜひニキビ予防に役立てていただけると嬉しいです!




今回は「ニキビに効く食べ物&なりやすい食生活は?」をテーマにお届けしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です