トマトジュースは肝臓にいい?トマトスープとどちらが効果的?

こんにちは!食トレブログライターのミルコです!

今回は「トマトジュースは肝臓にいい?トマトスープとどちらが効果的?」をテーマにお届けしたいと思います。

トマトジュースと肝臓の関係??初めて聞いた方も多いと思いますが、お酒が好きでアルコールを多く摂取している方等、その関係性を耳にされて気になっている方もいらっしゃると思います。

日常手軽に摂取できる飲み物(食べ物)で、身体に良い影響を与えてくれるのであれば積極的に摂取したいですよね!

今回は実際トマトジュースは肝臓に良いのかを見ていきながら、その他の効能やスープでも効果的なのかを中心にお伝えしていきます!



トマトジュースは肝臓にいい?

さて、早速その関係性を見ていきたいと思いますが、皆さんはトマトジュースが肝臓に良い影響を与えるという話を聞いた事があるでしょうか?当の私は、以前は何となく「体に良いんだろうなぁ」という感覚でしたし、何故身体にとっていいのかよく解らずでした。

良くわからなながらも、昔からトマトを食べる事で、「医者が青くなる」とか「医者いらず」とか言われていましたし、実際母から良くその言葉を耳にしたものでした。

しかし最近の研究などからその根拠がが解明されてきたわけですね。

トマトには「リコピン」という成分が含まれている事は多くの方がご存知かと思います。余談ですが、あの美味しそうな赤い色を出しているのは、リコピンです。

このカレトノイドの一種である「リコピン」がさまざまな働きをしてくれているのですが、一番着目したい点は活性酸素を取り除いてくれる抗酸化力が高いという事です。

活性酸素とは、あまり良いイメージが無い方が多いと思いますが、実は細菌等を排除してくれたりと身体に必要なものでもありますが、増えすぎると細胞にダメージを負わせてしまったり、分かりやすい言葉でいうと老化させてしまう状態になってしまいます(汗)。そう、私達のをサビつかせてしまうようような感じでしょうか。

そして、その活性酸素を取り除いてくれる抗酸化成分が強いのが「リコピン」ですね。

肝臓はもともと私たちの身体にとっての有害な物質を一生懸命取り除いてくれる臓器です。普段、身体の中を覗く事は出来ませんが、私たちが生きていく上でとても重要な仕事をしてくれてます。この良くない物質を排除する為、肝臓の細胞が働いてくれていますが、有害物質が多いとそれだけ疲弊してきてしまいます。

そこで助けてくれるのが、トマトジュースに多く含む高い抗酸化力の「リコピン」。活性酸素をせっせと排出してくれる助けをしてくれ、肝臓が疲弊してしまわないようサポートしてくれます。

特にアルコールを普段から多く摂取していたり、喫煙する方も着目したいところです。「あぁ、毎日毎日飲みすぎて、肝臓に負担とかけてしまって申し訳ないなぁ、、、」と思われた方、少し休肝日を作ってあげて労わってあげるのも良いでしょう。

「アルコール飲まないから平気よ~」という方、お酒だけではないの注意です!現代は偏った食事や、不規則な生活、強いストレスがかかりやすい状態になっていっている方も多いと思うのですが、そういった状態も肝臓に大きな負担をかけてしまっているのです。




そういった方も手軽にとれるトマトジュースでリコピンを摂取して肝臓が酸化しないようサポートしてあげるのも良いかと思います!

トマトジュースの他の効能は?

肝臓との関係を見てきましたが、その他にも嬉しい効能効果が期待できると言われています。以前より「医者が青くなる」と言われてきた所以(ゆえん)が、さまざま解明されつつありますので、いくつかお伝えしたいと思います。

最近の研究では、トマトジュースには「13-oxo ODA」という成分が発見されているのですが、この成分が血液中や肝臓の中のからの中性脂肪を減少されるという研究結果が発表されています。

トマトにはこのような中性脂肪量を抑えてくれる成分が含まれていますので、昨今多く言われている「メタボ」や脂肪肝の予防にも期待ができ、効果的と言えそうです。

また、別の研究では毎日25mg以上リコピンを摂取する事で、LDLコレステロールを焼く10%ほど減らしてくれるという効果があるとも言われています。

上記の事から、生活習慣病の一種にも役立ってくれそうですよね。今は健康診断でも、生活習慣病項目が注視されつつありますし、意識したい所でもあります。

そしてビタミンCも含まれていますので、美肌効果も期待できますし、風邪予防にも効果的でしょう。また、老化を抑制してくれるビタミンEの成分も含有していますので、特にアンチエイジングを求めている女性には嬉しい効能なのではないでしょうか?

ついでに、先程お伝えした抗酸化力が強い「リコピン」も多く含まれていますから、身体のサビつきや老化を早めてしまうような状態にも、一役買ってくれそうです。

普段なかなか忙しくて「食事はしっかりとれない!」という方も、ジュースであれば手軽に摂取できる思いますので、生活スタイルに合わせて取り入れる事もおすすめですね。

スーパーやコンビニエンスストアでも手軽に購入できますし、「全く飲んだことないわー」「意識した事なかった」という方、今は色々なメーカーさんから発売されていますし、飲みやすいのを探してみるのも楽しいかもしれません。

 

トマトスープとどちらが効果的?

「ジュースだけでは飽きてしまう・・・。」「実はジュースは苦手なの!」という方もいらっしゃるのでは?と思います。

そのような方も諦めないで下さい(笑)!

かくいう私は、そのまま食べたり温めた物はとても大好きで毎日食べている位なのですが、ジュースにするとなぜか苦手なのです(汗)。なぜなのか自分でも疑問なのですが、、、。そいう方などは、スープを作ったりするのも効果的です!そして、同じ物ばかりだと、すぐ飽きてしまい3日坊主になるという方にも、異なる調理方法等で摂取するのをお勧めします!

トマトは生で単独で食べるよりも、スープにしたりサラダにしてドレッシングをかけたりしたほうが、先ほどご紹介した「リコピン」の吸収が良いとも言われていますので、他の野菜も多く一度に多く取り込めるスープもオススメです。

「最近野菜とっていないな~」「なんとく食欲わかないな~」という方、一緒に沢山の野菜やきのこなども入れたトマトスープですと、他の栄養素も多く摂取できますし、食べやすくもなります。少し多めにストックしていくしておくのもオススメです!

私は調理する時はいつも鍋に多めに作って、冷蔵や冷凍(食材にもよりますが)をして、忙しい時にも手軽に食べられるように準備しています。週末やお休みの日にまとめて調理をするのもお勧めですね!

ジュースはとても手軽に摂取できますが、苦手な方やそればかりでは飽きてしまうという方、具沢山のスープなど、調理方法や食べ方を変えるなどして、強力な抗酸化力を持つ「リコピン」を含むトマトを食べてみてはいかがでしょうか?

 

今回はトマトジュースと肝臓の関係を中心に見てきました。また、「リコピン」という老化や酸化を予防してくれるような嬉しい作用がある事をご紹介されていただきました。今はスーパーだけでなく、コンビニでも売っている所も多いと思います。気軽に手に取る事もできますし、ジュースが苦手という方や、飽きてしまう!という方も、スープなど違う摂取方法でライフスタイルに合わせて効果的に摂取出来ると良いですね!




というわけで、今回は「トマトジュースは肝臓にいい?トマトスープとどちらが効果的?」という内容でお届け致しました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です