アスペルガー症候群の有名人・芸能人は?食べ物にこだわり?

こんにちは!食トレブログライターのミルコです!

今回は「アスペルガー症候群の有名人・芸能人は?食べ物にこだわり?」をテーマにお届け致します。

以前はあまり知られていなかった言葉ですが、今や耳にする事が多くなったのではないでしょうか?おそらく一度は聞いた事があるかと思います。

なぜ世間一般的に知れ渡ったか、それは芸能人が「自分はそうなんです」とカミングアウトした事がきっかけかなと個人的には思います。

そして今や複数の有名人が公表していますね。そして、そうではないか?と言われている方も数多くいます。

それからというもの、メディアで取り上げられる事も増えましたし、つい先日も夫婦二人とも症状があるけれども、得意な分野などで助け合って生活しているという状況を伝えていました。

そう、まだまだ注目されていますし、名前だけは耳にした事があっても実際どのような状態を言うのか?を疑問に思っている方が多い為に、今だ取り上げられる事も数多いのだと思います。

そこで今回は、そもそもどのような特徴を持っているのか?有名人や芸能人では誰がそうなの?そして、食べ物についてのこだわりについて見ていきたいと思います。


アスペルガー症候群とは?

今やこの言葉を聞く機会が非常に増えましたよね。テレビで紹介されている場面も、何回も見ました。それくらい注目されていますし、実はとても身近な為に気なる方も多いのではないかと思います。

一説には通院して診断を受けない、いわば隠れと言われている方は40~50人に1人はいるのでは?と言われているんです。

「え!?」そんなに?と驚きますよね。決して珍しい事ではないのです。

そして、アスペルガー症候群と言うとマイナスのイメージを持つ方も多いかと思いますが、自分の特性を知りそれを活かす事で、また周囲が理解する事で特別問題視するものではないと個人的には感じます。

それでは、そもそもどのような特性を持っているのでしょうか?

芸能人が公表する事で、だいぶ世間に知れわたってきましたが、ざっくりまとめてみたいと思います。

まず、アスペルガー症候群は発達障害の中の一つという事を押さえておきましょう。発達障害の中には自閉症や、注意欠陥多動性障害、学習障害などを含みます。その中で、自閉症スペクトラム障害に属するのですが、シンプルに「私はこれです!」というだけでなく、複数に属している事も多いのが現状です。

私自身調べた時に、正直さまざまな概念があって、とてもわかりにくかったです。きっと、私だけでなく、調べてもよく解らない・・・どこに属すのか?と思う方も多いはず。

そこで、ざっくりと分かりやすい言葉でお伝えしたいと思います。

特徴としますと

※その場に合わす事が難しい・・・その時の環境や人、事、物で接したり行動したりする事が多いと思うのですが、新しい場面が苦手だったり、気持ちを察して行動や言動をするというのが難しい傾向があります。

※人とのコミュニケーションが苦手・・・上記とも同じ部分がありますが、人と接して「本当はどのような気持ちなのか」「こう考えているのかな?」など想像して、その時々で接する事が難しかったり、ポンっとすぐ言葉が出なかったり、表現力が豊かとは言えない状況も往々にしてあります。そしてしっかり目が泳いでしまったり、という場合もあります。

※自分のルールやこだわりを強く持つ・・・自身の決めたルールやルーティーンを好む傾向があります。そして、それが出来ないとなんだか落ち着かなかったり、不安になったりする事も。いつも決まった所に物がないと、少しパニックになる場合もあります。

といった具合に、ざっくりですがこのような特徴があるかと思います。

なんだかこれだけ見るとマイナスなイメージを持ちがちですし、能力が低いのかな・・・と卑下してしまう場合も。

しかし、そうとは言えません。

少し勘違いされがちなのですが、知能の低下というのはありません!しかも、実はIQが高い事もしばしばあるのです!

けれど本人は「なぜ上手に人と接する事が出来ないんだろう・・・」「自分の頑張りが足りないからかな」と悩んでしまう事も多いんですね。

このアスペルガー症候群という言葉が世間に知れ渡る事で「あ、自分にあてはまるかも!?」と思い、通院する方も数多くいらっしゃると思います。そして、そうだった事がわかると「なんだ、しょうがなかったんだ、ほっとした」と思われる方も多いでしょう。

原因がわからないのに、他人とコミュニケーションが取れない・・・場の雰囲気に合わせられない・・・と自分自身がどんどん苦しんでしまう事も往々にしてあるんですね。

もちろん、何も不安など感じていない場合は良いかと思いますが、そのように思い詰めている場合は、通院してみるのも手かと思います。大人になって初めて知り、自分の得意不得意が分かるというのは、今後の生活にとってもとても利点がある事かと思います。

アスペルガー症候群の有名人や芸能人は?

さて、先ほど特徴をあげましたが、自分の得意な事を強みにして、魅力的な仕事をしていたり、かなりスゴイ、いわば偉業を成し遂げている有名人もじつは多いのです!

自身がアスペルガー症候群だと公表している方もいれば、そうでないか?と言われている芸能人も多いのですが、誰がそうなのでしょうか?大きくくくると発達障害になる為、その方もまとめて何人かお伝えしたいと思います。

・栗原類

自身が発達障害である事をあさイチでも公言していました。彼はその中のADDという注意欠陥障害であるとの事。アメリカに住んでいる時に診断を受けたそうですね。

物が本来ある場所にないと落ち着かない、変化が苦手など話していました。

アスペルガー症候群という言葉は出てきませんでしたが、それも持ち合わせているのでは?と一部では言われています。

早期に発見する事で、自分の得意不得意分野がはっきりわかったのは、とても強みだったのではないかな?と思います。

彼の存在感は「自分は無いです・・・」と言いながら、実はとてもありますよね。そして占いなど一躍有名になりましたし、強みを活かしているなと感じます。

そして私個人的に思うのが、最近でいうと栗原類が、アスペルガー症候群も含まれる発達障害というのを、世間に知らせてくれた大きなきっかけになったのではないかと思います。

そう言った意味でも、注目される芸能人ですが、勇気をもってカミングアウトしれくれた事に拍手だ思っています!

・武田 双雲

有名な書道家ですね。彼の作品には目を見張る物がありますし、その感性や躍動感に魅了されます。

そんな彼自身が注意欠如・多動性障害というADHDだろうと自ら述べていました。

例えば授業で次の教科に進んでいるのに気づかなかったり、はたまた椅子を作成しているけれども何故か自分のだけ完成しない・・・。といった事があったそうです。そして周囲の空気を読めないという事もあるそう。

ADHDの特徴が出ているかと思います。

ただ「おそらくADHD」と自ら言っていても、とても明るい!と奥様も言っていましたね。自分自身を受け入れて、そして得意とする物をグングン伸ばしていった結果、あれだけの魅力ある書道家になったのかと思います。

あれだけの書を書き上げるのは、感動物です!

・勝間和代

経済評論家として、未だメディアでも活躍されている有名人の一人かと思います。ご自身のオフィシャルサイトでも複数の専門家からADHDの傾向ありと指摘されていると公表していました。

忘れっぽい、何かに対して集中・夢中になってしまうと他の事を忘れてしまったり、過活動だったりと、ご自身の特徴を理解しているとの事でした。そういった傾向を自らで理解して行動しているので、カバーできるとも言っていましたね。

これこそ、早期に発見できると特性を理解して生活できるという利点かと思います。

そんな彼女は、あのかの有名なウォール・ストリートジャーナルの「世界の最も注目すべき50人」に選出された事もある実力派!頭が下がります・・・。

今後のますますの活躍が期待されそうですね!

・セカオワ(SEKAI NO OWARI)深瀬

彼も自身が発達障害のADHDであると言っていますね。これが原因だったという事は述べていませんでしたが、中学生の頃につらいイジメにあい、ほとんど引きこもりの状態だったとの事。

どうしても特徴など認知されていないと、「何か違う」「変わった人」などという認識に変わり、心無いイジメにあってしまうという方も実は多いのではないかと思います。

もしかしたら深瀬もそうだったのかな?と想像します。

そんな中、現バンド仲間で同級生のナカジンは寄り添っていて、一緒に音楽をやろう!と声をかけたとの事。別々の高校に通っていながらも、また偶然に再会したとの事から、なんだか運命を感じます。

今や誰もが耳にした事をある楽曲を送り届ける、言わばスターですよね。これからもステキな楽曲を届けてもらいたいです。

・ミッツ・マングローブ

マツコ・デラックスとはまた違う持ち味で、今や様々なジャンルで芸能人としても活躍されていますね。

あの何とも言えない、サラっとズバズバ言うけども、なんだか憎めない人柄。好感度も良いのではないでしょうか?

実はミッツ・マングローブ自身が「私、学習障害なの」と告白していますね。

彼女、いや彼!?と呼ぶのかわかりませんが、慶應義塾大学の法学部出身の頭の良さ!

「えっ?学習障害なのに?」と思う方も多いはず。

ミッツさんは、セリフなど言葉として覚えるのが難しいとのこと。

こで彼女なりにに編み出した方法が「自分用の景色を作る」だそうです。

初めて聞いた時はどういう事?と思いましたが、人物の顔に落書きしたり、どこか線を引っ張ったり、絵図として覚えてしまうんだそうです!

そして、舞台でも活躍されていますが、誰が何処に立ったら○○を言うというようなインプットの仕方をしているそうです。

ミッツさんにとって、得意分野を生かした覚え方を極めた結果、慶應義塾大学にも入学して、今や様々な場所で活躍されているのには頭が下がります!

・スティーブン・スピルバーグ

きっと映画にあまり興味が無い人にとっても、一度は耳にした事があるでしょう。

ハリウッドの名監督といったらこの人!といっても過言ではないのでしょうか?

「ジュラシックパーク」や「E.T」「A.I」「リンカーン」など名だたる作品を世に送り出してきました。

彼はアスペルガー症候群との事ですが、つい最近の2012年に学習障害の1つであるディスレクシア、つまり読字障害、難読症という事を自身で公表しています。

診断を受けた時は、納得して府に落ちたというような事を話されていましたね。

まだ学生の頃は、このような学習障害というのは広まっていないですし、いじめも受けていたとの事です。

実際、読字障害が原因かと思いますが、他の同級生と比べて二年遅くに卒業してます。

今も読む事について、人の2倍以上かかるそうですね。

そんなスピルバーグ監督ですが、発言がとても素晴らしく、ここまで輝かしい道を歩んでいるのは「周囲のサポートがあったからね」と、また同じ症状で悩んでいる子供たちには、「比較的一般的なものだし、自分だけが思い悩んでいるわけではない。そして可能性を狭めるものではない」としています。

発言までも格好よく、本物の名監督だなと感じさせます。

・スーザン・ボイル

イギリスの有名オーディション番組で一躍有名人になりましたよね。

あのレ・ミゼラブルの劇中歌、夢やぶれてを歌いあげ、驚きの拍手喝采を受けていました。

当時はその歌番組の映像など、数多く放映されました。CD も発売されまして、夢の階段を登った1人かと思います。

そんな彼女は自身がアスペルガー症候群である事を公表しています。

人とのコミュニケーションが苦手だったり、うっかりとしたミスが目立ったり、学校ではいじめられた経験も。

そんな中、しっかりと診断を受けた事で、やっと自分自身が納得し合点がいきほっとしたとのこと事でした。そして、周囲にも理解をしてくれると思うとほっとしていると。

特別悲観的になること無く、上手に共存していくとしています。

是非これからも美しい歌声を期待します!


食べ物に好き嫌いとこだわりがある?

アスペルガー症候群を含む発達障害ですが、どうしてもコミュニケーションが難しいなど、関係性に着目されがち。

芸能人が公表する事で、取り上げられる事が増えてきましたが、細部まではなかなか知れわたっていないのが現状。

けれど、先ほど特徴でもお伝えしたように、こだわりを強く持つ場合もあり、それが食べ物に表れる事があります。

以前テレビで小学生位の男の子の食について紹介していました。

その日のごはんは、多くの子供が好きそうなスパゲッティーなどが並んでいましたが、いらないと。

そして、食べられるチーズを取り出していました。

このように、ある特定の物を好むなど、好き嫌いがハッキリしていたり、舌触りで好みが別れたりとさまざまです。

ただ、理解されていない、まだ診断がおりておらず、等の理由で「偏食」と言われてしまい、思い悩んだり、実際あまり体重が増えなかったり、糖尿病気味になったりというような事も出てくると言われています。

しかし、早期に診断され状況を相談出来る事によって、さまざまな工夫が出来、例えばざらつきが苦手な子には柔らくしたり、逆に柔らかめが不得意な場合はサクサクにしたり、好きな食感で準備する。

また本や絵などを使い、安心して食べられんだよーという事を伝えたり。

このように、その子の特性を活かして行って行く事で、格段に好き嫌いが減り、口にできる食べ物が増えたというのです。9割以上の子に効果があるとも!

小さい頃に、「なんで食べないの!?」といって、半ば無理矢理にという行為が行われると、トラウマにもなりかねません。

何が好きか、何処に苦手を持っているのかから理解し、工夫していく事で、トラウマ無く楽しく食事が出来るといいですよね。

いかがでしたでしょうか?今回はアスペルガー症候群について、そもそもどのような特徴があるのか?どのような有名人や芸能人がいるのかを中心に見てきました。あくまでもマイナスに捉えるのでなく、上手に強みとして付き合っていく事で魅力的に活動、活躍されている方も数多くいらっしゃいますよね!食べ物の好き嫌い含む、さまざまなこだわりも、上手に付き合っていく事が可能なのではと思いますし、スティーブン・スピルバーグ監督が述べていた、可能性を狭めるものではない。という言葉その通りだと思います!



というわけで今回は、「アスペルガー症候群の有名人や芸能人は?食べ物にこだわりは?」をテーマにお届け致しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です